3.教室

「教室 サンプル」その後

教室生徒さんのご希望を取り入れてサンプルを作ってみましたが

生徒さんは教室の平均年齢引き下げに貢献している若者で

おまけにスポーツインストラクターの彼女はスタイルも✌️バッチリなのです。

なので、試作したサンプルはごく普通になりすぎて気分イマイチ。

75611f118d54436893be7ea898cf3999

心残りというか 残念至極でござりまする。

そこで 襟をちょっと変える再提案。

彼女からは「着丈をチュニック丈にしたら普段でも気軽に着られそう」とのご意見で

14841f742af64fbeb8b68d48e8b1eb7e

こうなりました。

あら!衿が立ち上がって良くなったじゃない⁉️

いえいえ、それだけではないのです。

後ろがセクシー 😍

743d2c7f5d7b4d8b917b951aca50d04b

どーよ‼️ やはりこうでなくちゃね。

| | コメント (0)

教室生徒さんの 『ワンピース』

爽やかな花柄プリントでワンピースを作ることになり

すぐにピンときたファッションブックを参考にして**

56bfb7b70eb9477d99bcf1d6ddc6f784

こんな感じです。

あら、素敵❣️

大変よくできました💮  わぁ〜いのワイ!!

 

パターンは本についていた実物大型紙を使い、おおよそのサイズを確認し 袖もラグラン袖でゆったりめだし

(もう完璧!!)  と すっかり安心していたのですが

試着したら   「なんだか首回りが少し窮屈みたいです。」  とのこと。

 

パターンを確認したところ こんな感じ。(E−クルーネックのパターン)

Fbd6f391aa644c21a317cdfb6af842ca

確かに。。

ネックポイントで1センチ離してあるけれど中心は原型のままでした。

33a4571c889f45b9a1ad1bf180a9e2b9

ちゃんとパターン通りに縫ってありますわ。

窮屈ですよね。  特に夏場は衿ぐりはややゆったりめの方が涼しいですもの。

衿ぐりまで確認しなかったのが申し訳ない!

生地の予備がありましたので直しました。

1b6f6d69cbd546849039586edf1679b6

 

次回からはしっかりと確認しなければ、、、と 反省です。

 

 

| | コメント (0)

訪問着でドレス・・生徒さんの作品

「11月、姪の結婚式参列用にドレスを作りたいですができますか?」

OHANA洋裁教室は生徒さんのどんなご要望にもお応えしたい!!

たとえ初級・中級クラスの方であっても、それができるのがプライベートレッスンシステムならでは… でございます。

お任せください 

ご持参の着物がこちら

Photo_2ドレス映えする模様ではありませんか。

デザインを決めてパターンを起こし、5回の受講でついに完成しました。

Photo_3


後衿ぐりは V カットでエレガントに。


Photo_5


ご参列された時の着画を拝見するのが楽しみです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内の教室終了

今年も沢山の出会いがあった教室も連休前に年内分が終了しました。

お互いの都合しだい・・という完全予約制のゆるいシステムの教室

通って下さった生徒さんに感謝申し上げます。

 

Photo
裾のまつりがまだで ”しつけ” がかかった状態ですが

最終日にぎりぎり間に合わせた『生徒さんの作品』です。

かなり着こんだ「お召の着物」、ほどいた状態の時は色褪せやシミが多く大丈夫かしら??と不安でしたが、それでも思い入れのあるお着物だということで、傷み以外は無視して製作していただきました。

仕上がってみれば案外気にならないもので とても素敵なセットになりました。

これで私も安心して年が越せます。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

特に目的もなくセールで買った圧縮ウールの生地、、、

そんな衝動買いの生地は どんだけぇ~~

在庫の山を見ればこのまま年を越すわけにはいかん!!

一難去ってまた一難 … 

さっとはおれる ライトなコート にしてみてはどうだ?

私たち世代の熟女の皆様はこの時期どんなコートをお召しなんでしょう?

(だいたい想像はつきますが)

デザインを決める前に街中でリサーチしてみました。

おばさま達はやはり期待を裏切らないですね。

想像通り8~9割の方は「ダウンコート」、色もベージュやグレー、ブラウン。

やはりそうでしたか。

まっ、暖かいし、なにより軽いのが一番よね …気持ちわかります。

そんな中で、おーー!!っと思わず拍手したくなるようなスタイリッシュなコート姿のマダムが 3名ほど。

「シュッとしたコート」 いいわぁ~   

そんなシュッとしたコート着たら足元にも気を使って、ここはやはりヒールのある靴を履きたいところだけど残念ながらヒール靴は冠婚葬祭用に2足しか持ってない。

(シュッ!!)は泣く泣くあきらめて、年増の悪あがき・ヤング思考でいくことにします。

Photo_3


  Photo_5


どこが ”ヤング” かと申しますと、フードのあたり・・のつもり。(なんだか弱気な発言)

腰ポケットに手を突っ込んでさっそうと歩けば シュッとした感じがしないでもなさそう

(またまた弱気な発言)

何といってもお気に入りは色!

これだけパキッとした色なら

人込みで連れ合いとはぐれてもすぐ見つけてくれそう。

若者のようにラブラブ腕組んで歩くこともなくなった世代、どこにいてもすぐ発見してもらえることは大事よね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『カーゴパンツ』 

生地在庫箱をあさっていたら

いつ買ったのかさえ思い出せないようなコーデュロイが出てきて

広げてみれば たたんだ折山が日焼けしてなんとも哀れな状態。

2mもあれば捨てるわけにもいかず 『カーゴパンツ』 にしてみました。

 

Photo_3


    

 

 

Photo_6



膝のところにダーツがとってあり、プックリゆとりがあるのでしゃがんだ時でも楽ちんです。

ポケット口もプックリで ≪プックリ三昧≫ であります。

ここ3、4か月で体重がガタっと減ったので ≪プックリ≫ に非常に憧れている日々です。

逆の意味で 「お腹まわりの体型をさりげなくカバー・・・」 といったところ。

ちょっと薄手のコーデュロイなので、暖かくなって庭の草むしりシーズンに大活躍の予感ですね。

 

**********************

今日は節分、「恵方巻き」召し上がりました?

駅ビルにあるフードマーケットのお寿司コーナーは大変な人だかりでした。

普段は見られない「最後尾」の看板持ったお姉さまが行列の後ろにいるほど。。

ビックリでございますわ。

 

Photo_8


1月31日、一番丁商店街を通りかかった時偶然出くわした

「商店街の豆まき」

Photo_9
カラーボールと落花生

「さぁ~好きなだけ持って行ってちょーだい!!」

と言わんばかりに大盤振る舞いの豆まきでした。

両手を万歳状態にしているとなんとなく手にぶつかってくる、、、そんな感じ。

一足先に 『福』 をゲットしてきました。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋裁教室 ブラウスの製作

Photo
スタイルブックに載っていた

こちらのブラウス  ⇒ ⇒ ⇒

ステキですよね~~!

ゆったり、ふんわり、、

サイズフリーでどなたにも着やすそう。

*** そう思ったのは私だけではなかった。

洋裁教室の生徒さんも同じ思いだったそうで

なんと、しっかり布地までお取り寄せしてました。

ま・け・た !! 

台衿の複雑怪奇なパターンはオーソドックスなタイプに変更して

囲み製図でしたからパターンおこしもご自分でしていただきました。

ツルツルした素材で少し手こずったところもありましたが

3回の受講で見事に完成しました。

Photo_2

すごいね  (拍手 パチパチ)

ゴールデンウィークには インナーとボトムを軽やかな色目にしてお出かけだそうで

 

お土産・・・待ってるわーーー。(^_-)-☆ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには教室のことなど…

今年2月から教室に来ている E さんは

洋裁というより 「OHANAのメガネケース」と「畳ヘリのポーチ」がお気に入りで、ずいぶんと作られました。

教室初日はメガネケース1個とヘリポーチ1個の…ペースでしたが

回を重ねるとさすがにだいぶ手馴れてきて、作る個数も増えました。

Photo
昨日の教室で作った畳ヘリのポーチ ⇒

モミジ柄のポーチが 2個

オレンジのポーチが 1個

ほんの少しだけ残ったモミジ柄を利用してミニポーチも・・・。

一日の教室で合計4個もできました。

 

ポーチ作りを習っているとお友達に話したらモミジ柄のヘリをくださったそうで

作ったモミジ柄ポーチはそのお友達にお礼に差し上げるそうです。

素敵に仕上がったのできっと驚かれますよね。

 

Photo_2

⇒  こちらは大人気の

OHANA の メガネケース です。

作り方はとても簡単なのですが使い勝手が良くて、ちょっとしたプレゼントに喜ばれています。

E さんも初めての教室の時作られました。

ご主人用には家紋入りで作られて

「ご老公の印籠じゃー!!」

と、盛り上がりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

教室ランチもあったかメニュー

今年も残すところ一か月足らず。

すっかり寒くなりました。

教室のランチメニューもほっこり温まるものが多くなりました。

Photo    Photo_2

*カレーうどん、高菜巻き寿司    *豚汁、根菜の炊き込みご飯

ランチ付きフリーコースの教室は原則月一回の受講でお願いしております。

今日受講の方も今年は本日で終了です。

Photo_3ウールの着物でボートネックのチュニックを作成。

暖かそうな一枚が完成しました。

Photo_4


一応後ろに開きをいれましたが、ボートネックのサイズ的には開きなしでも十分かぶりで着られると思います。

お帰りの際

「来年もよろしくお願いします。」・・・

とご挨拶したら、何だか今年も押し詰まったようで気ぜわしくまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆織姫様のロングコート

ご自分で機織りした布で ロングコート の製作。 

ほんの少しの手まつり部分を宿題に残し、めでたく完成いたしました。

Photo   Photo_2

お顔を写せないのが残念。すごーく良くお似合いなんです。

うっとりするようなできばえでした。

洗ってノリを落とし、しなやかさが出るのが楽しみ…とのお話でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月の 『着物リメイク無料相談会』

11月30日 (金)

10:00 ~ 15:00

時間内でしたらお好きな時間でお気軽におこしください。

*ほどき洗い済みのリメイク用着物や作品の一部の販売もあります。

詳しくはメールでお問い合わせください。

e-メール   info*ohana5.jp (*を@に変えて送信してください)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手織りの反物で「ロングはおりもの」

先日相談され試作した 「ロングのはおりもの」 今日の教室でいよいよ取り掛かりました。

生徒さん、実はいろんなことを手がける作家さんです。

製作活動の一つ 「機織り」 で手織りされた反物を自分でぜひ洋服に仕立てたい・・・とのご相談を受けたのがきっかけで教室に来ていただくことになりました。

糸を染めてから織る ・ 織って反物になってから染める。。。

今回の反物は織ってから染める予定の布地だそうですが、味わいのある色合いはもう充分素敵な反物でした。

゜。°。°。°。°。

それにしても、糸一本・一本、手をかけて織った反物は 『鶴の恩返し』 を連想してしまって、いよいよ  ハサミをいれる瞬間は二人で…というより私の方がドキドキしました。

ハサミを入れないと前にすすめない・・・を合言葉に  ジョキジョキ

いったんハサミがはいるとそれからは案外勢いがついて、腹が据わる・・・といった感じでしょうか、次々とカットできました。

作業は順調にはかどりました。一日で完成という訳にはいきませんでしたが7割かた進み、次回には完成する予定です。

楽しみです。

゜。°。°。°。°。°。

カットしてでた端切れ、「どんなに小さくても捨てられないわー・・・・・。何か小物作ります。」

って 気持ち、良~~くわかりますとも。

鶴が我が身を削って(??)織った見事な反物です。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧