2.作品

白大島で・・・ 訪問着で・・・

状態の良い 白大島 でライトな 「コート」…というより 「はおり物」 を。

Img_4248_2


Img_4227_3

裏地 無しです。

衿 つけません。

前打ち合わせ ありません。

なのでボタンホールもスナップもございません。

唯一…いや、唯二 (に) ついているのがポケットとベルトであります。

ポケットは 偉そうに 「箱ポケットだ、脇シームポケットだ、、」 などと手の込んだものではなくて 四角布の単なる貼り付けポケットです。

おくみを使って前見返しを取りましたら、ちょうどいい感じの四角の布が残って

(ポケットにしたらどうだい??)と残り布が申しましたので素直に従いました。

ベルトも、袖幅の不足分を取ったら細長~~い布がこれまた残りましたものですから、もったいないのでベルトにした・・・という事情です。

ケチ・というか 節約家・というか ・・ 『賢い主婦』 ということにしたいです。

小難しい技はなぁ~んにもないシンプルな はおり物ですから、教室の生徒さんにも自信を持ってお勧めしたいデザインです。

 

cherryblossom cherryblossom cherryblossom  春 真っ盛りのこの時期

街中のショップディスプレーには花柄のワンピースが目立つような気がしました。

そこで flair ピンときたのが こちらの二枚。

Photo_5
  Photo_6


  

訪問着から フレンチスリーブのスッキリワンピース です。

同じパターンを使いました。

このように着物地自体にパワーのある素材はデザインをシンプルに!!を心掛けています。いじりすぎるとコテコテになって 

(いつ着るの??) ・・・・・ (今でしょう… 古ッ) とはならないような気がするのです。

ショップのディスプレーではカーディガンと組み合わせていましたので

まねっこ。

Photo_4


本当はこれに合わせて 白いペタンこの紐靴が欲しいと思っているのです。

カーディガンだけではまだオーラが抜けきらないので

「靴」で着崩してみてはどうかしら?

残念ながら今回は手持ちのサンダルで我慢してください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご依頼品 二点

昨年末にお預かりした 絽の着物

夏物ワンピースなのでのんびりかまえておりましたが

桜の便りも聞こえてきましたので取り掛かりました。

Photo


Photo_3

胸元にひかえめなフリル付き

身長が150㎝足らずの、小柄でとてもチャーミングな方にとても良くお似合いです。

お顔を存じ上げてから早45年余り、、

いつもお着物姿で、洋服姿は一度も拝見したことがなかった方です。

「歳を重ね、病院に行く機会も徐々に増えてくると思うの。その際まさか着物姿ではねぇ~~。」

分かりますわ!

初めて拝見する洋服姿。

すごくステキ

「あなた、まるでデビ婦人だわ。」

偶然居合わせたお友達の的をえたお言葉。

 

 

*もう一枚の依頼品は

男物羽織で 「ハーフコート」

Photo_4

このデザインは15年あまり前に 丹 美与 さんの本から作り

事あるごとにコートをご覧になった方から 「私も欲しい!」と よくリクエストされるコートです。

 

こちらが私のコート。父の形見の泥大島で作りました。裏地も羽織に使ってあった物を使用してあります。

Photo_7

軽くてしわにならず、旅行の際はとても重宝してかなり着ましたので裏地も擦り切れてきましたが、まだまだ着られるので 父に感謝しつつ大切にしたい一枚です。

*~*~*  ( 生きているうちに大事にしてほしかった ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 )

墓場の陰から 父の声が … coldsweats01 sweat01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小紋でワンピース

Img_4144


実は・・この先をお見せするのはあまり気が進みません。

イメージとしてはリバティー風な小さな花柄でとても可愛らしい模様の縮緬です。

仕上がってみたら遠目 なにやらとても地味。いわゆるババくさい。

袖もよろしくない。可愛らしさを意識してパフスリーブにしたのがミス。

割烹着みたいです。

衿のカーブもダメ!もう少しボートネック風にしたかったのですが線引きがカーブしすぎました。。

最大のミスは裾です。

お気に入りのスタイルブックからデザインをみつけて、本のはとても素敵だったのに素材感が合わなかったと思います。

縮緬なのでもう少しトロリと落ち感が出るとふんだのですが、案外頑固な生地でした。

イヤイヤではありますが反省を込めてお見せします。

Photo


脇のラインが下がりすぎてバルーンの可愛さ半減です。

(けっこう脇線上げたつもりだったのにね)

裾線引き直して修正しようかとも思うのですが、裾ギャザー、、ちょっと苦労したので (やりたくない・・・) が本音です。

 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 

***************

早いもので今日は「春分の日」

これからはどんどん日が長くなって 春本番を迎えますね。ワクワク lovely

楽しみの中に 「春待ちジーンズ denim 」 があります。

一度は処分してしまおうと思ったジーンズですが、これははくとお腹周りがとてもすっきり見えるので、他の物は処分してしまいましたがこれだけはなかなか処分できずにいました。

おそらくかなり計算されたパターンなのだろうと思っています。

某ブランド品…というのも捨てがたい理由かも。(ミーハーなもので)

 

”スキニー” だ ”レギンス” だと パンツがどんどん細くなった今

ちょっと太めの (…といってもワイドパンツほど太くない) ジーンズは新鮮に見えそう。

 

Photo

  Photo_2


シャツはインして はきやすいスニーカー shoe

これからの散歩がますます楽しみになります。


  

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喪の着物で 「シンプルワンピース」

(ご依頼品です。お客様のご了承のもと掲載させていただきます)

Photo


五つ紋の喪の着物から極々シンプルなワンピースです。

ドロップショルダーで T字型のストンとしたデザインですが、裾に向かってほんの少しすぼまってコクーンシルエットです。

 

もう一枚のご依頼はおなじみの バルーンスカート

このスカートはもう何枚…いや何十枚作ったかしら。。

Photo_2


  

Photo_3


縮緬の小紋の着物と黒の羽織の組み合わせです。

一色になる方を黒にしましたので、トップに黒を組み合わせれば不祝儀にも対応できます。

トロリとした上等な絹の手触りは本当にうっとりする着心地です。

 

****************

昔乙女のウールの着物、ガウチョパンツを作ったけど残りが案外多い。

80cmで4枚カットできるほど。それに半幅もたしてウエスト・ゴムゴムスカートにしました。

Img_3836
Photo_4


「ガウチョパンツ」 も悪くなかったけど

あまりにも流行りすぎていて

乙女が着るのはなんだか気恥ずかしい。

それにスカートの方が裾にフワリと広がりがでて

いわゆる  (エックス) のラインでウエストが細く見える効果も期待できるし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日で 『コート』

洋裁教室に一日キャンセルがでました。

ポッカリ時間が空き、そういう時はたまった依頼品を片付けよう…

通常はそう思いますね。

ところがなぜか (休み=OFF=自由な一日) と脳の回路がはたらいて

≪仕事などせずに自分の好き勝手に過ごすべきではないのかい?≫ 

と指令がでるのです。

ここは素直に指令に従い  

ストールのような衿(フード)がついた 『コート』 を作りましょう。

Photo


昨年末 「黄色の圧縮ウールで作ったコート」 が思いのほか着心地がよく

そのコートは黄色が似合う友人にプレゼント。

あげてしまえばなんだか後ろ髪ひかれる思いで未練が残る。

 

こちらは今度こそ自分用です。やはり圧縮ニットで、裏がこげ茶のダブルフェースです。

Photo_2

ミセスのスタイルブック 2016年秋冬号

こちらのデザインです。⇒

パターンは黄色コートの時のがあり、今回は裏地無しで作りましたのでさくさくと ワンデーソーイングで完成です。

大雪寒波など寒い日が続いていたので、暖かいこのコートでお出かけしよう・・・と思ったら、今日はなんと三月並の最高気温11度の予報です。

せっかく着る気満々で意気込んでおりましたのに、はて、何を着たらいいものやら大いに悩みます。

*****

大雪による被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウールの着物で 「ガウチョパンツ」

ここだけの話しですがね … (ヒソヒソ・・)

このわたくしにも 【virgo うら若き乙女】 だった時代があったのです。

エッ! ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

(えっ!・・ ) って あなた、、、実はそうなんですよ。

それでもって、その乙女だった頃は 家にいる時着物を着ることがちょくちょくあったのでございます。

普段着ですから、母が縫ってくれたり母に教えられて自分で縫ったりしたウールの着物でした。

もう40年以上も前に着たウールの着物ですが、フワリと軽く優しい手触りの着物を見つけましたので (こういうのにリメイクしたら良いんでないかい??flairflair

 Photo


当節流行りの 『 ガウチョパンツ 』

(いまさらですが、こういうタイプ 昔はキュロットスカートって言いませんでした? キュロットスカートとガウチョパンツ ってどう違うのでしょう?はたまた スカーチョ なんてのもあるらしいではありませんか!もう何がなにやら トホホ です)

 

Photo_3
今回使った着物です。 ⇒ ⇒ ⇒

薄手の「ネル地」のようなウール生地でした。

ウールの着物は肌に触れるとチクチクしがちですが

これはそういうこともなく、軽くて着物リメイクに向いていました。

 

* * *

ちなみに 昔乙女だったおばさまが はいてみると

こんな感じです。down

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒縮緬のロングベスト

大変出遅れましたが 

今年も OHANA をどうぞよろしくお願いいたします。

喪中を口実にダラダラ新年を過ごしておりました。

洋裁教室も始まったことだし、いつまでもグ~タラしてもいられまいて。。。

「年が明けてからの取り掛かりになりますね。」 とのお約束で預かった品がやっと仕上がりました。

Photo_2

Photo_5


  Photo_6


背中に一つ家紋の黒縮緬の羽織から

「ロングベスト」  です。

ストールのような衿と脇にシームポケット。裏地付きです。

サラッと気軽にはおって下さいまし。

 

**************

昨年秋、いただいた柚子を「塩柚子」にしてホッと胸をなでおろしていたら

その後また沢山いただきました。ありがたいやら sweat01 sweat01 嬉しい(??)やら・・

とても立派な柚子で、さすがに柚子風呂にするにはもったいない気がして

 

Photo_7


「柚子茶」 

柚子の皮の白いフワフワを 頑張って丁寧に取りました。

ほっこり暖まる飲み物に満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

依頼品に集中!

洋服地で浮気なんぞしている場合ではない・・・

ハッタと我にかえり 気合を入れて集中しました。

(お客様から掲載のご了承をいただきました)

 

 【オフタートルのジャンパースカート】

Photo


  Photo_2


  「マチ付のポケット」 初めて作りました。

大島紬のアンサンブルで、以前 「小さい衿のジャンパースカート」 をお仕立てさせていただきましたが、その残りでもう一枚のジャンパースカートです。

 

 【Aラインのハーフコート】

Photo_5


 Photo_6
こちらも大島の着物からご依頼です。

胴裏の状態が良かったので裏地として使いました。

 

 【畳ヘリのバッグ】

Photo_9

 

シンプルな トートバッグ2個です。

こういうシンプルなバッグが使いやすく一番出番が多いような気がします。

クリスマスプレゼント present に間に合って安心しました。

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 

「もう つめ だよわ!!」

昔はこの時期になるとこういう挨拶言葉をあちらこちらで耳にしたものです。

(もう師走だわー・・・もう今年も大詰めだわー・・・)

といったようなニュアンスの方言です。

のほほんとグ~タラ気分で過ごしていた気持ちが

その言葉でシャキッとしたものです。

そっかー、やりのこしたアレもコレも片付けないと

大掃除もしないとね、、 …など、実行が伴うかどうかは別として

不思議と気持ちがそわそわ落ち着かなくなる言葉です。

三点の依頼品で (どーだ!!) などとアップしている場合ではないわね。

あとひと頑張り分の依頼品が残っています。

つめ だよわー」の言葉に追いかけられながら猛ダッシュします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二か月もお待たせしちゃって

着物をご持参いただいてから今日でちょうど二か月です。

で、作業の進み具合は、、、と申しますと

・ ・ ・ ・ ・ (シィ~~ン)

まー、百聞は一見にしかず

Photo_3

羽織で 「Aラインのハーフコート」 こちらは納品済。

その後は (しばし待たれよ。。) の状態が続き

Photo_5


 Photo_6


紋付きの縮緬で試作 した 「コクーンシルエットのチュニック」(赤の方)

*黒のドット 「フレンチスリーブのブラウス」 

 (どちらもジョーゼットの服地です)

 

Photo_7
大島のアンサンブルをほどき OHANAの人気作品

「小さい衿のジャンパースカート」  です。  

** 以上!!

 

えッ!二か月でこれだけ??

そう、悲しいかな、、これだけなんです。 なにか sign02

他の方のご依頼もあったり、親友のパンツ作りに浮気したり、、sweat01

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

でも合間にご持参いただいた着物解きも ちゃぁ~んとしておきましたから。

Photo_8


  Img_3434_3

(作品はお客様のご了解のもと掲載させていただいております)



 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 Img_3432
今年は庭の柿の木が沢山実をつけて

ご近所におすそ分けしてもまだまだ食べきれないほどの収穫でしたが、いよいよこれが最後の収穫です。

 

Img_3429_2


一応一個だけ残しました。

「木守りの柿」 です。

 

*************** 追記 :*************** 

大島で作った 「小さい衿のジャンパースカート」

ご依頼のお客様から 

「お母様の形見の着物をこんなステキな形で残せることは幸せな気分になれます。」

とのメールをいただきました。

私も父の形見で作ったコート、15年以上も愛用しています。

本当にスルメのように毎シーズン活用しているのですがいまだにしっかりしているあたり、

とても頑固だった父の気質があらわれているみたいで

お~~!!くわばら・くわばら・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご依頼の 「ワイドパンツ」

Photo


紋付きの喪の着物から 「ワイドパンツ」

Photo_2
ご依頼いただいたのはまだまだ残暑厳しかった頃でしたが、やっとの完成です。

 

羽二重の上質な着物地は

フォーマルな場面でもパワーを発揮します。

 

かなりお待たせしてしまいましたが

懲りずにまたよろしくお願いいたします。

 

実は、かなりお待たせしているお仕立てがまだまだあり

┐(´д`)┌ヤレヤレ ・・・などとのんびりしている場合じゃないです。sweat01

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

連休の間、旅行に出かけた娘のところから犬…いや、お犬様を預かりまして

Photo_3Photo_4


Photo_5


散歩・餌やり (いや、お食事)・・・と老夫婦二人がかりでせっせとお世話いたしました。

飼い猫もいるので部屋で自由に…とはいきませんでしたが

Photo_6お互い ** 怪しいものではないな **

と分かるのでしょうか、ケンカすることもなく

(また来てあげるからね~~)

なんてこと言いながら(?)

水曜日に無事帰っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧