2.作品

5mの生地で三枚の服

(夫のシャツにでもしたらどうだい❓) と、3年くらい前に購入したチェックの生地、どぉ〜んと5m ほど。

こんなに買ってどうする⁉️と その時は思ったのですが

大きなチェック柄に加えて横方向に追い格子、柄合わせをすると案外生地を使うものです。

買ってから程なく とりあえず娘のブラウスを一枚縫って残りは放ったらかしておりましたが

最近ビッグシャツ風のワンピースをよく見かけるので

💡ハッタと思い作ってみました。

しかし なにしろ5m、それでもまだ2m 近く残りました。

おりしも6月は夫の誕生月でありますので

(そうそう、本来の目的はこれだった!)と思い出し、合わせて3枚縫って 5m きれいサッパリと使いきりました。

 

①  今回作ったシャツワンピースと夫のシャツ

E211815f2e2542ed840ea480e23d5498 

 

 

②  以前作った娘のブラウス

2ccd92de89344c7f9fcb3bc89177cc42

 

| | コメント (0)

銘仙の着物、残った袖分で『ミニブラウス』

銘仙の着物でワンピースを作り、袖分がまるまる残りましたので

( なんとかせねば! )

 

134f922ed47444738d14b2e56762ed96

『 フレンチスリーブのミニブラウス 』

前あきワンピースの見返しを取った残りが細長く残りましたので、それでブラウスの見返しと、、衿はスタンドカラーにしたらギリギリとれて本当にスッからカランと使いきりました。

気分爽快であります。

着物1枚無駄なく使い切り、ブラウスとしてばかりでなくベストとしても着回せるとなれば

エコな洋服作り * * * 

大変よく出来ました。💮

| | コメント (0)

バッテリー 持続

せっかく入ったスイッチ、バッテリーが切れる前にリメイクをもう一枚。

9246bd1b484946b88590378d88d3f25c

銘仙の着物で 「ワンピース」

前はストンとしたデザインで

後ろはギャザー切り替えです。

9344435ed0f9416cb86643d29d11735e

後ろ姿が可愛い、

 🎵 🎵 ~ 後ろ〜姿が〜ステキなあなた〜

振り向かないで〜仙台の人〜〜 🎵

今、メロディーが思い浮かんだ方  歳がバレバレよ‼️


それはさておき

最後の最後まで悩んだのが  『 衿 』

共布で作るか、台襟付きのシャツカラーにしようか、はたまた参考にした本の通りにタックをたたんだ衿でいくか……

結局黒の別布を使って丸襟にしてみましたが

(本当にこれで良かったのかしらん⁉️)、、と今でも悩んでるあたり

決断力が鈍ってきてるってことね。

•  •  • 

決断力が鈍ったといえば

先日アップしたコート、なんだかボタンがピリッとしなくて気になっていたのです。

付け替えました。

9fd7e173e23240309e661aa16b790ec3

 

 

| | コメント (1)

スイッチオン

四月中旬に都合で仕事を10日ほど休み、ほどなく長いゴールデンウィーク突入で

なんとなく 〈ボーっとして生きておりました。〉

連休後はビッシリと洋裁教室も始まり、休みボケの頭も少しずつお目覚めしたような。。

とりあえずウォーミングアップで着物を3枚ほどいたあたりから徐々にスイッチオン❗

羽裏を使って 

『四角ブラウス』 を✌️

Dcb79e460fff4b9ab2675b8f5244d0c4

羽裏はツルツル、ふわふわの 用尺少ないときて 取り扱いがイマイチ苦手。

何かを作ろうなんて思わないように、極力見ないように、見ないように、、、

羽織を解いたらすぐ処分しちゃうか 視界に入らないよう厳重にしまいこんでいたのですがね

教室の生徒さんから(手持ちの羽裏で何か作りたい)とリクエストされて

そう言われちゃったらしょうがない。

縫う時のワンポイントアドバイスをするためにも試作してみたわけです。

 

スイッチが入ったついでに、季節外れではありますが 手触りが柔らかめのウールの着物で

『コート』 

 

A414a318e74b40998e3fb3dd2452a89e

24488ef6e6484fbb93c50d2c1208f26e

 

狭い間隔でついたボタンが気に入って何枚か作ったコートです。

裏地はつけていないので、これから梅雨寒の時にもはおれるかも。

 

☆☆ せっかく入ったスイッチ、バッテリーが切れないうちにもう一枚縫いたいと思っております。

 

 

| | コメント (0)

白大島で 「ミニブラウス」

以前コートを作った残りの白大島で

「ミニブラウス」ができました。

 

17d31f513d63499f8b0afa2a9f28f00e

残った分 いっぱいいっぱいでこの着丈です。

 

Babc5cf9852945708aafbed9596ecfce

羽織りものとしても 活用できるので便利な一枚。

 

# # # # #

今日から新しい元号 『 令和 』のスタートです。

昨日までは何かにつけて 《 平成最後の…… 》 が溢れかえっておりました。

 

C4e32878f10f49ed9e7e8ee061e81fa9

我が家の猫も 選り取りみどりのメニューで 平成の締めくくり 😻

| | コメント (0)

再び「丸衿」今度はワンピース

今回はコテコテの 着物リメイク です。

大島紬のアンサンブルから 「丸衿のワンピース」

前開きなので あけて着ると羽織物として活用です。

  Img_6736

ボタンを全部しめれば、ちゃんと ちゃんとの 可愛い「ワンピース」

Img_6697

スカート部分は初めギャザーにしたのですが、あまりに≪ブワッ≫と広がりすぎたので

タックに作り直しました。

 

Img_6694

 

着物では本当に (いかにも!!)の大島柄で、イマイチ気分がのりませんでしたが

洋服になってみたら

あれまっ!!!素敵な色合いじゃありませんか 💕

****************

余談ですが・・

ブログ更新しようと画面開いたら景色がガラリと変わってた。

いつの間にかサイトがアップロードされたのね。

何が何やらさっぱり分からん!

とりあえず手探りで入力してはみたものの、こうして打ち込んでいる今でもちゃんと更新できるか不安でしょうがないです。

可愛い絵文字もモノクロで色気もないし。。かわいくない!!(プンプン)

(-----記事アップ後ブログを確認したら、絵文字のハートがちゃんとピンク色になってるわ!それならそうと言ってくれたらいいのにね。)

お見苦しかったら 〈ごめんなさいねー〉

 

 

 

| | コメント (0)

丸い衿のブラウス

女子高生の制服のような丸衿の白いブラウスが欲しいと思ったのです。

あいにく白生地の持ち合わせがなかったので

まずはストックしてある生地でサンプルを作ってみました。

Img_6607


女子制服ほどあまくなりすぎない、、ほどほどの丸さで まーまーいい感じです。

生地はタップリ…まだまだ残りましたのでもう一枚。

パターンは使いまわしで、衿を白の別布(白いブラウス欲しい! の未練です)

Img_6677


 

ヨーク切り替えのギャザーを衿ぐりギャザーに変えてみましたが

衿に隠れて全く効果なし!

まー、一応見てやってください。

Img_6676


白い衿・・・なんだかどこかのユニフォームにありそうな感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フンワリやわらかいウールの着物で…

怒涛のような 1月、2月、そしてアッという間に 3月。

皆様、確定申告お済ですよね?

先日無事申告書を提出し、気がかりなことからやっと解放されたところです。

帳簿整理の合間に作っていた 「ジャンパースカート」 も これでやっとアップできます。

「ジャンパースカート」って書いちゃったけど、「エプロンドレス」と言えなくもない。

細かい小花模様の薄手ウールの着物でした。

Img_6626


大好きな形です。

Img_6650


栗原 はるみ さんの本を参考に ⇒

もう20年も前に作った「エプロンドレス」

いまだ現役で愛用しています。

こちらは後ろがラップ式になっているので

やはり 「エプロンドレス」

今回は少し改良を加え

Img_6627


後はファスナー開きのスカートタイプです。

足さばきが良いようにセンターにベンツ。

紐は、前で結んでも、、後ろで結んでも

その時の気分次第で。

スカート仕様になっているので

「ジャンパースカート」 としました。

 

ラップ式だと 風の強い日はペランとめくれて

小川ローザの ≪ おー!!猛烈 ≫ になっちゃうので (わかるかな~??) 

ずっと めくれないタイプを作りたいと願っておりましたのでございますよ。

20年にしてやっとその願いがかないました。

思い続けてみるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかぁ~、ちょっと。。

「なんか~チョッと疲れた(⤴)」

全豪オープンを制した大坂なおみ選手のたどたどしい日本語は

きゃわゆい!!と人気ですが

「高齢者」を制したおばさまが言うと

(あー、はいはい、歳ですからね!) と相手にされない。

「なんか チョッチねー」 と言い方を変えれば

同年代の皆様からは賛同を得られても、若者には 「何?それ??」 と冷ややかな目をむけられますのよ、悲しいかな。。

まっ、そんなこんなで 最近手のかかる着物リメイクにはなかなか取り掛かれない日々です。

 

今回もフラノの洋服地です。

教室の生徒さんから4メートル弱のフラノ地をいただきましたので、まずは何か1枚は作らないとまたそのままストック箱入りになってしまいそうです。

Photo


以前、「カボパン」はなんだかブルマーみたいなイメージでよろしくない。

瓜型で「ウリパン」 は どーよ と問いかけましたが反応がイマイチ、、いや、まったく反応無しで終わりましたので諦めます。

「ふっくらパンツ」 でいきます。

Photo_2


すごくはきごこちが良いのでOHANAの定番に昇格です。

第1作目に ウールの着物地で作ったのは

「あれはナンか 《 いかにもモンペ》 って感じだけど、これなら普通にはけますね。(…って どういうこと??) 今度作りたいです。」

・・・と、教室の生徒さんにも言われました。

一応素直に喜ぶことにします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガウチョパンツ

友人からもらった ダンボール ひと箱分の生地も、W幅の90㎝分一枚を残し いよいよ大詰めまできました。

大詰めの1枚が 【 ガウチョパンツ 】 です。

Photo


Photo_2 

 

紳士用スーツ着分の生地で

前にジャンパースカートを作り ⇒ ⇒ 

残っていた分使い切りで作りました。

 

 

Photo_4



最後の残り一枚が  こちらのツイード (W幅で90㎝分)

今冬中に何とかせねば!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧