« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

白大島で・・・ 訪問着で・・・

状態の良い 白大島 でライトな 「コート」…というより 「はおり物」 を。

Img_4248_2


Img_4227_3

裏地 無しです。

衿 つけません。

前打ち合わせ ありません。

なのでボタンホールもスナップもございません。

唯一…いや、唯二 (に) ついているのがポケットとベルトであります。

ポケットは 偉そうに 「箱ポケットだ、脇シームポケットだ、、」 などと手の込んだものではなくて 四角布の単なる貼り付けポケットです。

おくみを使って前見返しを取りましたら、ちょうどいい感じの四角の布が残って

(ポケットにしたらどうだい??)と残り布が申しましたので素直に従いました。

ベルトも、袖幅の不足分を取ったら細長~~い布がこれまた残りましたものですから、もったいないのでベルトにした・・・という事情です。

ケチ・というか 節約家・というか ・・ 『賢い主婦』 ということにしたいです。

小難しい技はなぁ~んにもないシンプルな はおり物ですから、教室の生徒さんにも自信を持ってお勧めしたいデザインです。

 

cherryblossom cherryblossom cherryblossom  春 真っ盛りのこの時期

街中のショップディスプレーには花柄のワンピースが目立つような気がしました。

そこで flair ピンときたのが こちらの二枚。

Photo_5
  Photo_6


  

訪問着から フレンチスリーブのスッキリワンピース です。

同じパターンを使いました。

このように着物地自体にパワーのある素材はデザインをシンプルに!!を心掛けています。いじりすぎるとコテコテになって 

(いつ着るの??) ・・・・・ (今でしょう… 古ッ) とはならないような気がするのです。

ショップのディスプレーではカーディガンと組み合わせていましたので

まねっこ。

Photo_4


本当はこれに合わせて 白いペタンこの紐靴が欲しいと思っているのです。

カーディガンだけではまだオーラが抜けきらないので

「靴」で着崩してみてはどうかしら?

残念ながら今回は手持ちのサンダルで我慢してください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご依頼品 二点

昨年末にお預かりした 絽の着物

夏物ワンピースなのでのんびりかまえておりましたが

桜の便りも聞こえてきましたので取り掛かりました。

Photo


Photo_3

胸元にひかえめなフリル付き

身長が150㎝足らずの、小柄でとてもチャーミングな方にとても良くお似合いです。

お顔を存じ上げてから早45年余り、、

いつもお着物姿で、洋服姿は一度も拝見したことがなかった方です。

「歳を重ね、病院に行く機会も徐々に増えてくると思うの。その際まさか着物姿ではねぇ~~。」

分かりますわ!

初めて拝見する洋服姿。

すごくステキ

「あなた、まるでデビ婦人だわ。」

偶然居合わせたお友達の的をえたお言葉。

 

 

*もう一枚の依頼品は

男物羽織で 「ハーフコート」

Photo_4

このデザインは15年あまり前に 丹 美与 さんの本から作り

事あるごとにコートをご覧になった方から 「私も欲しい!」と よくリクエストされるコートです。

 

こちらが私のコート。父の形見の泥大島で作りました。裏地も羽織に使ってあった物を使用してあります。

Photo_7

軽くてしわにならず、旅行の際はとても重宝してかなり着ましたので裏地も擦り切れてきましたが、まだまだ着られるので 父に感謝しつつ大切にしたい一枚です。

*~*~*  ( 生きているうちに大事にしてほしかった ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 )

墓場の陰から 父の声が … coldsweats01 sweat01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »