« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

一日で 『コート』

洋裁教室に一日キャンセルがでました。

ポッカリ時間が空き、そういう時はたまった依頼品を片付けよう…

通常はそう思いますね。

ところがなぜか (休み=OFF=自由な一日) と脳の回路がはたらいて

≪仕事などせずに自分の好き勝手に過ごすべきではないのかい?≫ 

と指令がでるのです。

ここは素直に指令に従い  

ストールのような衿(フード)がついた 『コート』 を作りましょう。

Photo


昨年末 「黄色の圧縮ウールで作ったコート」 が思いのほか着心地がよく

そのコートは黄色が似合う友人にプレゼント。

あげてしまえばなんだか後ろ髪ひかれる思いで未練が残る。

 

こちらは今度こそ自分用です。やはり圧縮ニットで、裏がこげ茶のダブルフェースです。

Photo_2

ミセスのスタイルブック 2016年秋冬号

こちらのデザインです。⇒

パターンは黄色コートの時のがあり、今回は裏地無しで作りましたのでさくさくと ワンデーソーイングで完成です。

大雪寒波など寒い日が続いていたので、暖かいこのコートでお出かけしよう・・・と思ったら、今日はなんと三月並の最高気温11度の予報です。

せっかく着る気満々で意気込んでおりましたのに、はて、何を着たらいいものやら大いに悩みます。

*****

大雪による被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウールの着物で 「ガウチョパンツ」

ここだけの話しですがね … (ヒソヒソ・・)

このわたくしにも 【virgo うら若き乙女】 だった時代があったのです。

エッ! ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

(えっ!・・ ) って あなた、、、実はそうなんですよ。

それでもって、その乙女だった頃は 家にいる時着物を着ることがちょくちょくあったのでございます。

普段着ですから、母が縫ってくれたり母に教えられて自分で縫ったりしたウールの着物でした。

もう40年以上も前に着たウールの着物ですが、フワリと軽く優しい手触りの着物を見つけましたので (こういうのにリメイクしたら良いんでないかい??flairflair

 Photo


当節流行りの 『 ガウチョパンツ 』

(いまさらですが、こういうタイプ 昔はキュロットスカートって言いませんでした? キュロットスカートとガウチョパンツ ってどう違うのでしょう?はたまた スカーチョ なんてのもあるらしいではありませんか!もう何がなにやら トホホ です)

 

Photo_3
今回使った着物です。 ⇒ ⇒ ⇒

薄手の「ネル地」のようなウール生地でした。

ウールの着物は肌に触れるとチクチクしがちですが

これはそういうこともなく、軽くて着物リメイクに向いていました。

 

* * *

ちなみに 昔乙女だったおばさまが はいてみると

こんな感じです。down

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒縮緬のロングベスト

大変出遅れましたが 

今年も OHANA をどうぞよろしくお願いいたします。

喪中を口実にダラダラ新年を過ごしておりました。

洋裁教室も始まったことだし、いつまでもグ~タラしてもいられまいて。。。

「年が明けてからの取り掛かりになりますね。」 とのお約束で預かった品がやっと仕上がりました。

Photo_2

Photo_5


  Photo_6


背中に一つ家紋の黒縮緬の羽織から

「ロングベスト」  です。

ストールのような衿と脇にシームポケット。裏地付きです。

サラッと気軽にはおって下さいまし。

 

**************

昨年秋、いただいた柚子を「塩柚子」にしてホッと胸をなでおろしていたら

その後また沢山いただきました。ありがたいやら sweat01 sweat01 嬉しい(??)やら・・

とても立派な柚子で、さすがに柚子風呂にするにはもったいない気がして

 

Photo_7


「柚子茶」 

柚子の皮の白いフワフワを 頑張って丁寧に取りました。

ほっこり暖まる飲み物に満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »