« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

訂正してお詫び

前回の可愛いジャンパースカート

どうにも着心地イマイチで・・・とご報告いたしましたが

着せてあったボディーから外そうとした時 おやッ??と気が付きました。flair

どうも前後逆に着せたようです。

当然自分で試着の時も 逆 enter だった訳で、思い込みとは恐ろしや。

正しい着方をしたら、おばさまなりに そこそこ可愛いではありませんか。

本のように肩のあたりにちゃんとタックもとれて、ふんわり裾広がりのラインもでたし。。

着心地も イズク ないsign01

襟ぐりや袖ぐりの位置がキチンと計算されつくしての作品に対し

非常に申し訳ない。

訂正してお詫び申し上げます。

Js



Js_3


ほどいて再利用、、、なんてとんでもない。

裾上げもしましたのでさっそく着ます。

おっと、その前にポケットが欲しいですね。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モデルさんの可愛らしさにつられて・・

Photo
可愛らしいモデルさんが来ているジャンパースカート

作り方を見れば

長方形の布に穴をあけてひとねじり

簡単すぎるのに こ~んなに可愛いジャンパースカートが完成するらしい。

作ってみよう。。

うまくいったら教室の生徒さんにもおすすめしよう!!

 

*** 作ってみました。down

Photo_2
 

「どうだった?」

と聞かれたら  「・・・・・」

使った生地の風合いにもよるのでしょうか、、

どうお答えしたらいいものか返事に困る、、と申し上げましょう。

パッと見なんとなくそれっぽく見えなくもないのですが

(それっぽく見せる)までの道のりが長かった。sweat01

この写真撮るのに 小一時間かかりましたわ。

あーでもない、こーでもない、、、肩のねじりがうまくスタイリングできない。

ボディーに着せるのにこれですもの

ましてや実際に着て自分で形を決めるのは至難の業であります。

前が決まれば後ろが悲しい。

あっちをひっぱり、こっちを引っ張り、なんとかサマになったと思えば

どーにも イズイ!!(仙台弁です。窮屈でしっくりしない) のです。

素材選びが悪かった(?)のと、もっと大きな原因は

モデルさんより ズ~~ッと高齢のおばさまには向かないデザインだったのです。

 

こんなこともあろうかと裾あげはしていない。

結局はほどいて別の物に再利用しようと思っています。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウルウルしそうな程 【極上な締めくくり】

途中経過報告のままなんとなく尻切れトンボになっていた

『振袖リメイクのドレス』   満を持して登場です。

Photo

年末、紅白でいえば ≪ 大トリ ≫

OHANAのご依頼品の トリ です。

なぜ今か…というと、昨日 ご依頼主様から素晴らしいお写真が届いたのです。

感動のあまり思わず ウルウル ・・・

何度も何度も見ては ウルウル ・・・

画像処理なしで掲載のお許しをいただきましたので

Photo_2

 

Photo_3  

オードリーヘップバーン のようだわ!!

って思わず言ってしまいましたが ちょっと古かった (^_^;)

幸せのおすそ分け を ありがとうございました。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

定番の 「ジャンスカ」 と 「形見分けの小物」

Photo

すっかりOHANAの定番となった 

『小さい衿のジャンパースカート』

衿元でサイズの微調整ができるし、きやすいのでお気に入りです。

「何かにならないかしら??」と 親友から預かった羽織の一枚で勝手に作って

昨日送りました。

はたして反応やいかに。。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

洋裁教室のお問い合わせやリメイクのお問い合わせなどなど

今ではホームページやブログをご覧になった方からのメールでのお問い合わせがほとんどになりました。

ホームページを開設してから15年くらい

「継続は力」を実感しております。

そんな中、今回のようなご依頼は初めてです。

 

【亡きご主人の遺品の着物を、小物などにリメイクしてご親族に形見分けしたい・・・】

 

お預かりしたウールのアンサンブル着物と襦袢、帯で ・・・

Photo_3
               
***** このような形で思い出の品をお分けすることもあるねの。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »