« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

作ってしまった!自分用 ♪

泥大島の「バルーンスカート」

ちゃっかり自分用も作ってしまいました。

Photo_2


裏面は母の黒紋付き羽織をほどいて。。

Photo_3
私の場合 基本的に家紋を使うことはしないのですが、小柄な母の羽織は着尺がやや短めでした。

やむなく家紋のところも使用。

自分のだし、実家の家紋だから良しとしました。

大島とはぎ合わせた黒は当然のことながら別物です。

 

母の羽織は一か所シミがあって

ほどく時は気が付いていたのに縫い始まったら早く仕上げたい思いで トンと忘れてしまいました。

すっかり仕上がってから気がついても 時すでに遅し!!

 

Photo_5

端切れの中からさがし出したよそ様の家紋をアップリケ。

スカートはほどかずに、後付けアップリケの完成度は・・・downへたくそでガッカリ

家紋は使わない主義 … なんて言っておきながら今回は二か所にも使っちゃって

どうも申し訳ない。

 

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

今月初めて教室に来た方、ご持参の泥大島でブラウスの製作です。

普段洋裁はされたことが無く、慣れない道具は使い方から説明させていただきまして

柄合せ、布地のはぎ合わせ、、手取り足取りの指導も個人レッスンならでは。

3回の受講でみごとに完成いたしました。

Photo_7


柄合せもバッチリ決まり

ご本人お手製の「ネクタイネックレス」もマッチしてるし

大満足の仕上がりです。

 

 

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

レンガ色の Aラインコート

今年は「柿色」や「レンガ色」の洋服が

~* 気になるよねぇ~ **

先日タンスの中をゴソゴソあさっていた時、ぴったりの道行きコートがあって

まさにこれだ!リメイクするのは 今でしょsign01 (ってちょっと古いフレーズ。)

裏地をつける気は毛頭ないので、着られる時期も今しかないでしょ!!
 

Photo_3 

Photo_4
レンガ色の道行きコートで

『Aラインのコート』

 

おばさまの必須アイテム、ポケットですが

脇縫い目を利用したシームポケットが楽だけど

Aラインの場合 脇すぎて

老化とともにこわばりつつある腕がまわらない。

ポケットにたどり着くのに苦労する。

面倒でいつも避けていた箱ポケット、しぶしぶトライ。

苦労する分きちんと感がでるから頑張りました。

 

腕がイタタ・・・なんて言わずにすんなりポケットに手が入りますが

痛い思いをしながらも脇ポケットまで腕を回すのはリハビリにつながる

そう思うと安易にポケット位置を移動させるのも考え物であります。

 

私の場合、こういうライトなコートは前をきちんと留めて着ることはほとんどないので

ボタンもスナップもつけずオープンに仕上げました。(手抜きといえば言えなくもない)

しかし!!ボタンやスナップを留める行為も指先の老化防止・・

となればこちらもいかがなものか??

 

高齢者見習いのお年頃、《老化》・《リハビリ》にやたら敏感に反応します。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロック ミシン・ミシン・ミシン・ミシン

長年使った4本糸のロックミシンの調子が悪くなり

修理に出したけど、その後もどうもイマイチ。

かなり酷使したから、修理屋さんにも 「だいぶすり減ってますね、修理もこれが限界です。」って、、それほど使ったのかと思うとなんだかミシンがいとおしく思えてきた。

一応使えないことはないけれど、依頼品を縫うには少し不安です。

途中何度も糸調子を確認しながらロックかけるのはかなりのストレス。

*商売道具* じゃ!やむなし・・

Photo_2

先日、ロック用の糸を買いに行っただけなのに

親しくしているミシン売り場の方と目が合ってしまった。うかつでした。

「どうしたの?」の問いかけに事情を話すと

「あらぁ~!!じゃ、買ってぇ~~」となり

うっかり 「買います」 となってしまった。マズイ展開です。

 

Photo_3

左から  新参者「衣縫人」 ・ 高齢者となった旧「衣縫人」 ・ 控えのスタッフ「3本糸のロック」 ・ (もう使わないから)と二か月ほど前にいただいた 〈後期高齢者〉 古いタイプの「4本糸ベビーロック」
 

中古ミシンの売り場のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ ナイトガウン

男性用の 『ナイトガウン』 と聞くと

黒のどでかい革張りソファーにふんぞり返った恰幅の良い成金オヤジを想像してしまうのは

古~い人間でしょうか?

当然のごとく足は組んで、手には葉巻を持ち、その指にはもちろん金の大きな指輪

・・・やっぱり古いわね。(^_^;)

***

築45年の我が家の冬は寒いです。

革張りソファーも 葉巻もありません。もちろん ringshine金の指輪なんぞは見たことないです。

・・・・・が!!年寄り夫婦には「ナイトガウン」は必需品。

夫のガウンが飼い猫に食いちぎられたり引っかかれたりと もうボロボロになってしまいまして、、、

一念発起・作りました。

「んまぁ~、ご主人思いね・・」 と思っていただいても良くってよ。

買うとなるとこれがけっこうお高いので ≪ケチった≫ とも言う。

 

Photo_4


 

Photo_6


 

 

 

セールで買った生地なので色柄は選ぶ余地なし。

( ほら、やっぱり≪ケチった≫のね )

縫いながら (この生地、かの有名な名探偵を想像しちゃうなーー)ってずっと思ってました。

flair 気が付いたかね、ワトソン君!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好き ♡ 「バルーンスカート」

Photo


う~~む・・このタイプの「バルーンスカート」がやはり一番好きですわ!

上質絹二種類を贅沢に使うので、ただただうっとり…リッチな気分になります。

表でも裏でも(…どっちが裏?と聞かれても答えようがないですが、二色使いの方をおもに好んではいております、、私の場合は) どちらもはけるので

一枚で二度おいしい!!delicious

泥大島はコートなどにするとインパクトがありすぎて

(着物リメイクよ、、どーだ!!!!!) といわれているみたいでちょっと恥ずかしい。

三歩後ずさりしてしまう私ですが、このバルーンは いい!すごく良い!

三歩後ずさりすることなどすっかり忘れて逆に身をのりだしてしまいます。

すぐにもはいて見せびらかしに街へくりだしたい。

ただ残念なのは、泥大島の方はご依頼品なのです。

生地はOHANAの在庫からの提供ですが。。。

(お客様のご了解のもと掲載しております。)

日曜日にはつらいお別れが待っております。weep

 

でも、この大島 もう一枚は楽に作れる程残っておりますので

自分用のもこっそり作ろうかと企てているところです。

Photo_3
 ⇒ ⇒ ⇒

こんな風にジージャンなどと組み合わせて

カジュアルに着崩すのが私風かな。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »