« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

これが『オーバーコート』です

Photo

 

完成しました 『オーバーコート』

あったか・ぬくぬく です。

いつでもお出かけ scissors オッケーです。

Photo_2


セールで買った厚手ウール地なので、持った時にちょっと重さは否めないですが、着た時は苦にならないので GOOD!!

ホテルのクロークで 「コートお預かりします。」 と言われた時

冷や汗タランsweat01でご辞退したい・・・ その程度の重さです。

「オーバーって何?」 と、大受けした友人が来たので

「明治時代の外套、できましたゼ。。」 とお見せしましたわ。

 

 

     diamond   diamond   diamond   diamond   diamond

 

 

Photo_3


毎月第一水曜日に開催していた ~気まぐれショップ~

一月はお休みをいただき 2月からは毎週水曜日に開催します。

ショップ名も改め

「& shop」 

着物リメイク服や小物・雑貨など おしゃれなセレクト品を展開していきます。

ご期待ください。

 

xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  メリークリスマス 

 

 

 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

「オーバー」って何??

遊びに来た友人が 「今は何を作っているの?」 と聞くので

寒さも本番になり、出かける時着る物がないから『オーバー』を作ってると言うと

「えっ!オーバーって何?」と 驚いたように聞いてきました。

オーバーコートよ。知らない?? ・・・と、驚かれたこちらがかえってビックリ!!

「そういえば久しく聞いたことがないわねー。ハーフコートやロングコートとは言うけど。今時 言わないわよーー。」 って、言葉の裏に(あなた時代遅れなんじゃない?)との思いが見え隠れだわ。悔しぃ~い!

時代遅れなのか決着つけなくちゃ、、、とネットで調べてみました。

『オーバーコート』 いまどきでも使わないわけではなさそうですが、説明の一つに

ーーーーーー

明治時代に「外套」と訳され、今でもまだ使っている言葉と思うが若者には知らない人が多い・・・・・・・・・・オーバーコートの事を ”オーバー”という人がまだ多いと思うが・・・

(ほらぁ~、やっぱり時代遅れじゃない) と言わんばかりに大受けの友人

開いたサイトが悪かったわ。どうも分が悪い。

私的には

「コート」は、ロングでもショートでもフォーマルでもカジュアルでも、はたまた季節も色々と ひっくるめて言うけど

「オーバーコート」は、寒い時期の防寒用で、ロング丈でキチンと感があってお品がよろしいイメージなんです。

来週の火曜日に友人がまた来る予定なので、それまでに完成させて

「どーよ!!これが 『オーバーコート』 というものです。」 と自慢したいです。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今年の洋裁教室も今日が最後。

秋口から見えてる A さんも二作目を無事完成させました。

ご了解を得てお披露目・・・

Photo

トロンとした縮緬の羽織で 「ボートネックのワンピース」

Photo_2

Photo_3


裏面を使って作ったスヌードもステキです。

羽織の前身頃部分を使いました。

ウエストをベルトでマークしたらキリッと引き締まってモダンですよねー!

A さんがご自身のベルトを持参して見せてくださいました。

洋裁は初めて・・・の A さん、二作目にしてこの出来栄え。

次回作が楽しみです。notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チュニックとショートコート

とてもきれいなブルーの洋服地が ダブル幅で2,5m

何ができるでしょう?とのご相談で・・・

Photo_2


30年以上も手元にあった生地なんですって。

試作したサンプルでは衿のあるデザインだったチュニックは

Photo_3すっきりとしたスクエアーネックに変更。

 

ショートコートはボタンでちょっと遊んで

アクセントにしました。

このボタン、4個セット売りでしたから

エキストラボタンはお付けできません。

共布のくるみボタン5個をオマケでつけましたから、今のボタンを無くした際には付け替えてくださいまし。

後の事まで行き届く・・・ともとれますが、無責任と言えなくもない・・・。

 

*** それにしても、、

2,5mの生地でこの二枚  すご~~く ギリギリ でした。

ジグソーパズルのごとくパターンを並べ

Photo_4
残った生地が こちら 

どれも小さなハギレばかり。

ポケット布の見えない部分はもちろん別布です。

ここまで使い切ると、さすが あっぱれ sign03

我ながら惚れ惚れして自慢したく

つい camera 

使い切った達成感とともに

年内のご依頼品はこれにて終了。

めでたし・メデタシ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

☆12月の「気まぐれショップ」終了

Photo


Photo_4


 

 

道路に面したカフェ席をショーウィンドーに見立ててディスプレー

手編みの作品がホッコリ温かそう

 

 

 

小物はクリスマスを意識したディスプレー・・・

 

Photo_7
今回は通りすがりのお客様が入れ替わりたちかわり・・・

新しい出会いが嬉しいショップでした。

*****

1月のショップはお休みです。

新年は2月5日から開催します。

2月からは 毎週 水曜日 に開催することになりました。

●Cafeは定休日ですので当日のご飲食はできません。

前を通りかかった際にはお気軽にのぞいてみてください。

     お待ちしてます。 *****

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ち込む程ショックな出来事と舞い上がる程嬉しい出来事

年末も近づくと、スーパーなどにはお餅が並ぶようになりますね。

それを見ると すぐ食べたいlovely と思う訳です。

6・7年前まではお正月の餅は自宅で餅つき機でついていましたが

三女が仙北の米どころ地区に嫁いでからは、毎年そちらからいただくようになり

餅つき機もしまい込んでいました。

ところが先日 新米の餅米をいただいたので、急に思いつき(お餅をつこう)・・・と相成った次第です。

いつもは、毎回きちんと説明書を読んでからするのに、今回は餅つき機に書いてある説明だけで取り掛かりました。

案の定、すご~~い大失敗。crying 大ショック!!

どう失敗したかは聞かないでください。もう思い出したくもないのですから。down

一升までつける機械、どうせ作るんだから目いっぱいついちゃおう・・・と一升分の餅米が、、、

農家育ちなので、失敗したとはいえお米を捨てることはできません。

四苦八苦の末、ちょっと軟らかめだけど何とか食べられそうなところまでこぎつけました。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日の朝仕事がそんなショックな事態でスタートしたので

その後は気晴らしにランチしながら主人と出かけました。

ランチ後にふらりと立ち寄った雑貨屋さんで、もう半年近くも探し続けていたブローチを見つけたんです。eye

以前気に入ってつけていたブローチを友人にあげて、自分のはまた買えばいいと思っていたのに 作り手が廃業してもう手に入らないといわれてもまだ諦めきれずにいたブローチ。

朝のショックをカバーしてもまだ余りあるほどの 嬉しさ でした。

Photo

Jpg
嬉しさのあまり2個買いました。

6㎝×5㎝ ちょっと大きめブローチ。水牛の角で出来ていて、この大きさでもとても軽くてお気に入りです。

*** ブローチを付けた服は 先日のチュニックの本来のパターンです。

 

Photo_2
格子柄の着物で、最初は綿かなと思いましたが 手触りからすると絹だったようです。

ポケット口がちょっと開くデザインが可愛いと思っています。

洋服地でチュニックのご依頼をいただき、サンプルで作りました。

***お餅のショックは無かったことにして

   ご依頼品の製作に取り掛かることにします。*****

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »