« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

第10回作品展

10open

昨日・今日、二日間の 『第10回作品展』 が無事終了しました。

住宅地の中の house 個人宅が会場。

おこしいただきました皆様、また、探し訪ねてくださったお客様

本当にありがとうございました。

会場提供をしていただきました わこう様 感謝申し上げます。

おかげさまで家庭的なおもてなしで心休まる作品展になりました。

「次回はいつですか?」

「ぜひまた開催してください。」

と、うれしいリクエストをいただきました。

できるだけご希望にそえるよう、また作品作り頑張ります。

Photo    Photo_2

個人宅ですので写真はちょっと控えめにさせていただきます。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○小紋でワンピース

Cimg5869
小紋の着物で作った 「フレンチスリーブのワンピース」 です。

パターンベースはチャイナドレス。

肩の開きを変更して、前中心にウエストラインより少し上までコンシールファスナーの開きにしました。

手っ取り早い 「後ファスナー開き」 にしたいところでしたが

「んもうー!!手が後ろにまわらないわよー。前開きにしてよ!!前開き!!」

とのご要望数多く、かく言うこの私も他人ごとではない年齢です。

Photo   Photo_2


後ウエストには結び紐がついております。襟はスタンドカラーにして着ることもでき、襟を立てるとチャイナ風の雰囲気です。

小紋のにぎやかな柄も、襟に別布をもってくると引き締まってスッキリまとまるように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆第10回作品展ご案内

10_5


塩釜市の若生様ご自宅にて 『第10回作品展』 を開催いたします。

駐車スペースが限られております。近隣へのご配慮をいただき、できるだけ公共交通機関をご利用いただければ大変ありがたく存じます。

詳しくは メール info@ohana5.jp  にてお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋裁教室・フリーコース

昨日、今日と OHANA洋裁教室 フリーコースの受講がありました。

教室は、曜日を決めて月二回受講する月謝制のタイプと、お互いの日程が合えば単発で受講できる「フリーコース」がありますが、こちらのフリーコースはランチ付きで完全プライベートレッスンです。

気が向いた時に(お裁縫でもしてみよっかナー!!)という方にはお勧めの「楽しいお気ままコース」かと思いますが、ただしあくまでも月謝制の方優先の日程になりますので悪しからず。。。

24615
今回の教室ランチです。

ランチ付きは久しぶりなのであまり気負わず 『パスタランチ』 にしました。

パスタの右横にちょこんとある小さな白い物、、、「ヨーグルトボール」です。栗原はるみさんの 「haru_mi 夏号」に載っていました。

パスタに混ぜ混ぜして食べるとコクがでておいしいです。

パプリカの焼きびたしとサラダ、スープ・・・・OHANAのランチはだいたいいつもこんな感じ。

コーヒーはランチの無い月謝制の方にもお出ししています。

Photo   003

 (参考作品のバルーンスカートとサマージャケット)

昨日受講された方は 「バルーンスカート」 を、今日受講された方は 「ジャケット」 をそれぞれ作られました。

また是非受講して下さい。  次は何を作りましょうか sign02



| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラコCafe手芸部・パート2

先週、初めてタラコカフェさんの手芸部に参加させていただきましたが、おとといの火曜日に続きをすべく二回目の参加いたしました。

先週作りかけの指輪の予定でしたが、訳あってネックレスに変更です。

T

ジャジャ~ン sign03 いかがでしょう。

あめ玉のようなビーズのネックレス。

色々なあめ玉(?)がセットされたビーズを買って持参して、タラコ先生のご指導のもとに作りました。

それにしてもさすが先生!!持参したビーズを惜しげもなく並べて素敵にアレンジしてくださったのには驚き w(゚o゚)w

ケチな私だったらこの数のビーズなら絶対二個作っちゃうと思います。

悩みぬいて二個にした結果、貧弱なものになってガックリ down・・・・・というのが毎度のパターンなんですね。

今回は逆らわずにパッパと奮発したおかげで大満足な仕上がりになりました。

***** でも・・・先生が席を外したスキにビーズ2個チョロまかして、、、

Photo  ←イヤリング、作りました。coldsweats01

 

Photo_2


それと、翌日、残ったビーズでおさらいをしてみました。↑

私が使うビーズの量はこんなもんです。やっぱりケチケチ精神が抜けないです。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お知らせ***

今月の 『着物リメイク無料相談会』 は 6月22日(金)です。

10:00~15:00までの間ならご自由におこし下さい。(事前にメールでご連絡いただけるとなお助かります。)

場所などの詳しいことはメールにてお問い合わせください。

お問い合わせメール info@ohana5.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆チュニック・チュニック

Photo
リフレッシュ旅行から帰ってひたすらソーイング。hairsalon hairsalon hairsalon

久しぶりに ニットソーイング に没頭しております。

胸元にたっぷりドレープのチュニックを本で見て作ろうと思っていた作品です。

黒と茶のニットを買い込んでまずは二枚、一日半で一気に作成しました。

ニットソーイングはほとんどの作業を4本糸ロックミシンでするので、Tシャツくらいなら二時間くらいで仕上がるので本当に楽しいです。

004それと、なかなか出番のない「カバーステッチミシン」

今回は大活躍しました。

「忘れていなかったのねー。weep」 と感激してくれたのか、しばらく使っていなかったにもかかわらず、糸調子が一発でOKだったのには驚き!!

肩、袖付け、脇縫い以外はすべてこのカバーステッチミシンで仕上げてあります。

初めの一枚はパターンをおこしたり、手順をつかむまでのもたつきがあって、、、それでも一日あれば楽勝です。scissors

洋裁用品を買い足しにでかけた時、参考本(おなじみ「ミセスのスタイルブック 2012春号」)とあまりにも同じ色合いのニットをみつけて思わず買ったのがパキッとブルー。

コーディネートも本をまねて写真撮りしましたが、本とそっくりになったのがなんとも恥ずかしいです。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラコCafe 手芸部

Photo

今週の火曜日夜、お隣の タラコカフェ さんの「手芸部」に参加してきました。

タラコカフェの女将「タラコちゃん」はビーズアクセサリーの先生(??)

イヤリング作りを教えていただくつもりでしたが、あまりに沢山のビーズやアクセサリーパーツを見たら舞い上がってしまって、もう頭は大混乱。。typhoon

おまけにお隣の方が作っていた「くるみボタン」がこれまた素敵 lovely

(あれも良いわー!!これも良いわー!!)

結局タラコ先生のご指導のもと、なぜか予定外の 「指輪」 を作ることになりました。

これがもう難しいのなんの。指先が思うように動かなくて(老化現象?)悪戦苦闘しましたが、ビーズ30個位つけたところでギブアップ sweat01 しました。

続きは来週に続く・・・で、グラスワインをいただいて退散しました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。

ビーズアクセサリー作り疲れと日頃の疲れを癒しに 秋田の男鹿半島 へ行ってまいりました。

一度は食べてみたいと、もうかれこれ30年くらいズーッと思っていた男鹿の「石焼料理」をやっといただきました。

Photo_2  Photo_3


およそ500度に焼かれた石を冷たい味噌汁の中に入れると、瞬時にグツグツ煮立ちます。魚やカニを入れて温度が下がり、また焼き石を入れると ジュッ!!グツグツ!!

「石1個の温度およそ500度だから、2個で1000度ね。」と言ったら

「そうはなりません。」・・・と冷たくあしらわれました。 (ノ∀`) アチャー

Photo_4

「寒風山」展望台から見た、元は噴火口だった部分と男鹿半島入道崎方向です。

寒風山は山頂付近は木立はなく草原です。

春先には野焼きをするのだそうで、だからこれ程にもきれいな草原になるのね・・・と納得です。

展望台への道の途中にはあちこちで車を止めて山菜取りをしている人たちを見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロハな気分 ♪

ハワイアンキルトのタペストリーが完成しました。

Photo

娘の家の玄関ホール用に頑張って作ったタペストリーです。

パキッとした色合いがいかにも娘らしい。

Photo_2   Cimg5816

ハワイ大好き家族の娘宅はあちらこちらハワイアンテイストでいっぱいです。

生活用品もあちらこちらに溢れかえっていっぱい。shocksweat01sweat01

雑多な部屋はくれぐれもご想像なさらないようにお願いします。m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »