« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

☆紫のワンピース

ずっと冬眠状態だった気分がやっと少しだけ目覚めてきました。

以前は、紬にしろ縮緬にしろ どちらかというと黒や紺・茶など地味な色合いの着物リメイクをしている方が気持ちが落ち着いたものですが、今年に入ってからはなんだか明るい色の着物地を選びたくなることが増えました。

Photo

紫と言っても落ち着きのある色無地の着物で 『ワンピース』

Photo_2 ←生地UP (ふくれ織り…というのでしょうか?)

適度なフンワリ感があって、タックをとったスカートの広がりがいい感じです。

このデザインのワンピースは5年ほど前の本に載っていたものですが、自分用に仕立てたワンピースがお客様にも気に入っていただいて、同じデザインで3枚ほどご注文いただきました。

Photo_8

ワンピースだけだと街着としても着られるし、、、

こんなふうにコサージュを付けたり、ネックレスなどのアクセサリーでドレスアップしたらフォーマルウエアーとしても十分通用します。

前は開きみせで飾りボタンがアクセント。

サッシュは着物の襟を利用するとちょうどいい長さになります。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_4
右の花柄の銘仙が4年前に自分用に仕立てたワンピースです。

着物リメイクも たっぷりしたフリーサイズ のデザインより、このようなすっきりしたデザインの方が私は好きです。

朝ドラの「カーネーション」でだいぶ前 糸ちゃん も言ってました。

「洋服は シュッ としたラインでないとアカンねん!」

この言葉に思わず拍手送りましたワ。 paper パチパチ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多彩なヘリ

Photo

地味な色ばかりだったヘリの在庫に明るい色のヘリが加わって、バッグ作りもワクワク楽しくなりました。

半年くらい休んでいたバッグ作りですが、再びハマっています。

不思議なもので、そうなるとヘリバッグのご依頼もあったりして拍車がかかっております。

Photo_2


オレンジのヘリで作ったサンプル品3点。

セミショルダーのバッグにはレザーのふたをつけて。

洋裁用品のお店で手ごろなレザーのはぎれを見つけては買いためていますが、切り落としなので形はさまざま。。。

イビツでもそれなりの形のまま極力手を加えずに使うようにしています。

Photo_3


赤のヘリで「クラッチバッグ」

↑オレンジのヘリバッグ持ち手に使ったベルトの残り、ほんの少しでも捨てられずクラッチバッグの留めベルトに利用しました。おしゃれ感アップup

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

いつまでも寒くて気持ちも沈みがちでしたが、最近は日差しも春めいてきたみたい。

気が付けば まもなく4月ですね。cherryblossom

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんとか・・・

なんとか・・・その1

OHANA洋裁教室 「着物リメイク無料相談会」 第一回終了しました。

遠いところお出でいただきましてありがとうございました。

来月は都合によりお休みさせていただきます。

開設したばかりですぐお休みとは、、、、大変申し訳ございません。

次回の開設は5月24日・25日の第四木曜日と金曜日です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

なんとか・・・その2

先々週の土曜日に参加した たらこCAFEのワークショップ 「羊毛フエルト de お雛」

前回は熊さんお雛の女の子の途中で終わりでしたが、おさらいを兼ねて自宅で男の子を同じところまで作りました。

Photo_3


こんな感じのところまで作って今日のワークショップに。。。

男の子を若干大きめにしたつもりなんですが、単に顔が長くなっただけと言えばいえなくもない。coldsweats01

こちらに目、口、もろもろの付属品をつけて完成です。

Photo_4

とってもラブリーな 「熊さんお雛」 の完成です。

こういう可愛らしい小物を作ったのは何年ぶりでしょう。

気持ち40歳は若返った気分。shine

40歳若返ってもまだ充分すぎるほどの年齢おつりがある自分が恐ろしい。

ガックリ down

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春なのでお知らせなど・・

Cimg5689_3

庭の柿の木にいつも来る「シジュウカラ」

狭い庭なので鳥たちが食べる物は何もありません。

我が家の shadow洗濯奉行 は他にもいろいろな奉行を兼務しておりまして、冬場、食べ物を求めてやってくる「シジュウカラ」のために落花生を紐でくくって木の枝につるし、「小鳥養育奉行」 も務めております。

落花生を一定間隔に紐で結わえて吊るしておくと、鳥たちはとても上手に殻をつついて中のピーナッツを食べます。

殻になるとピーピーないて催促します。

ピーピー鳴くとホット座布団で寝ていた猫がムックリ起き上がって、お奉行をさておいて偵察に行きます。

「鳥も鳴かずば撃たれまい。」 ですが、我が家の猫はお利口なので襲うことはありません。・・・今のところ・・・。

budそれにしても家の柿の木、本当に一年を通してお役立ちです。

春の若芽は天ぷらにできるそうです。まだしたことがないので今年はぜひ試してみます。

夏にかけて成長した葉っぱは木陰をつくって日除けになってくれたり、料理のあしらいや皿替わりなどに利用します。

秋は甘柿が実ります。

冬は小鳥たちの餌台に。。。 偉いぞ!柿の木 punch

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

OHANA洋裁教室から 『おしらせ』

毎月 第四木曜日と金曜日、「着物リメイクに関する無料相談会」開設いたします。

今月は来週の22日(木)、23日(金) 10:00~15:00 が開催日で、第一回目です。

・着物リメイクにチャレンジしたい。

・着物のほどき、洗いはどうしたらいいの?

・手持ちの着物で何が作れるの?

・・・・・などなど、大まかな疑問や、細かな部分のワンポイントアドバイスなど、どなたでもどうぞ気軽にご見学・ご相談ください。

詳しくはメール(info@ohana5.jp) にてお問い合わせください。

**なお、相談会は月により変更になることもございます。その都度ブログにてお知らせいたしますが、念のためメールで事前にご確認いただければたすかります。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらこCafeのワークショップ

たらこCafeさんで 「羊毛フエルトのおひなさま作り」 のワークショップに参加してきました。

Photo

熊さんのおひなさまを作ります。up上の方に写ってる可愛い熊さんです。

教材があまりにも素敵にラッピングしてあって lovely ビックリ。

封を開けるのがもったいない。このままキットで売りにいきたい。

袋を閉じるのだってセロテープ ペタリ じゃない。

リボンで結んで、切手がプリントされたシールでとめてあるのです。

キットもちゃんと小分けされて袋入りで、それをとめたテープまでも可愛い。

もうこれだけで作家さんの技量の素晴らしさが理解できて感動してしまいました。

***キットの右端に見える雪だるまのようなのが人形の土台。

これに羊毛を巻きつけて、ピンクのテープでとめてあるピンでひたすら・・チクチク・・ツンツン・・しながらとめていくのですが、なかなかどーして難しいです。

最初はおっかなびっくり・・チクチク・チクチク・・ 

慣れてきたら・・ツン・ツン・ツンツン 時々指先も impact ツン!!

Photo_2

一時間半ほどでここまで出来て本日は終わりにしました。

コーヒー付きのワークショップはこの後楽しいティータイム。

Photo_3


「コーヒーのパウンドケーキ、キャラメルソース添え」とコーヒーで ヘラヘラ ぺちゃくちゃ。。。

無心でチクチク、楽しくぺちゃくちゃ で すっかりリラックス&リフレッシュできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいな赤

先月教室でヘリバッグ作った生徒さんが二作目を赤のヘリで作ることをお話ししましたが、先日おしゃれなデザインで完成させました。

すごく素敵だったのに完成写真を撮らないでしまったのでご紹介できずにとても残念。down

とってもきれいな赤いヘリだったのに。。。

でも、「残念」で終わらせないのがOHANA!!

Photo

生徒さんとは全然違うデザインですが久しぶりにバッグ作りしました。

Up 

  素材のアップ。

最近は手芸材料のお店でもバッグ用にヘリを売っているのをずいぶん見かけるようになりました。

私はヘリを畳資材の卸問屋さんで購入しているので、そうそうカラフルな色合いのヘリというのはないのです。

あくまで「畳」に使うへりですから。。。

昨年末久しぶりに畳ヘリを買いに行った時事務所にこちらの色のヘリサンプルが飾ってありました。

作品展などでヘリバッグを出すと、わたくし世代のマダム達からは

「もっとパッと明るい色はないのか。黄色はないか?赤はないか?紫はどーだ!!」

とのご要望がとてもおおございます。

ギブミー・チョコレート…じゃない、ギブミーカラフル。もっと派手に!!熟女に光をshine

と、とにかく熟女はキラキラ・派手派手が大好き。shinecrown

大変お待たせいたしました。

畳業界もやっとそのことに気が付いてくれたようです。

家を建てるのだって今やマダムの決定権大です。

「あーた!畳のヘリは絶対赤にしてよッ!!」 と真っ赤な口紅ぬったお口で言われたら誰も逆らうことはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小ぶりな絽の羽織

Photo
 絽の羽織ですが、小柄な方だったのでしょう。

ワンピースにするつもりでほどいてみたのですが

着丈も袖丈も短め。

襟も半幅しか使ってなく、若干の汚れが気になるところがあちこちにあってワンピースは無理でした。

別布と合わせて 部分使いにすることも考えましたが、サラサラと肌触りがいいので、使える部分はできるだけいかして使い切りたいとも思いました。

 up上の写真は残りで襟の一部。ちょっと汚れが気になったので使わずに、こちら以外はほぼ使い切りました。

Photo_2

教室に来ている若い生徒さんが、先日素敵なコットンプリントで作ったチュニックの仕上がりがとても着やすそう。

パターンを使わせていただいて着物地チュニックに変身させました。

羽織の襟以外すべて使っても尺は足りず、身頃には黒の縮緬、裾にはやはり黒の絽を使いました。

全体が引き締まって いい感じ です。

イレギュラーな裾のラインが、トロンとした布地の重みで余計に下がって見えるので

両サイドはシャーリングかループでちょっと絞ってみようかと思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »