« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

♪♪~教室ランチ

久しぶりの「OHANA洋裁教室」のランチです。

メニューは 「肉そぼろ丼とミニおかず盛り合せ」 です。

24126_2月極 (parking駐車場じゃないですよー!)で受講する教室のランチは以前にやめたのですが、不定期で受講いただくフリーの教室はランチ付きです。

一月は基本的に洋裁教室冬休みなのですがフリースタイルの教室はしておりました。案外融通のきく教室だったのですね。

(節操がないというか適当といえば言えなくもない。sweat01

昨年末に男性着物を教えて欲しいと依頼された お寺のご住職夫人です。

今回はご自分用のチュニックタイプのエプロン(?)です。

Photo


お気に入りで着たという高価な付け下げを気前よく使ってのエプロンです。

お寺さんはとにかくお客様が多いのであまりくだけたエプロン姿もちょっと抵抗がある・・・。ましてや赤っぽい色はやはりちょっと、、、ということです。

分かります、わかります。

ご持参いただいた着物はそんなお気持ちにぴったりの柄で、仕上がりもすごく素敵。

☆これなら格上の僧侶がお見えになった時でも堂々と応対できそうですよね。

後見頃は左右がクロスするデザインになっていてスッポリかぶるだけです。

絹のエプロンはそうそうあるものではないですが 絹は汚れやほこりがつきにくいそうで、髪の毛もつきにくいのでエプロンに絹製を愛用している美容師さんがいるという話を聞いたことがあります。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ちょっとオマケ cute

Photo_2前回の「バルーンスカート」について。

本当にはき心地が良い「バルーンスカート」はこちらの本を見て依頼ずっと作り続けています。

単品で洋服にリメイクするには派手でしょう・・・とためらうような色柄の着物も、 …これなら私でもはけそう… と思えるスカートが多く 楽しい本でお勧めです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

○バルーンスカート

Photo_4

Photo_5

このタイプの 『バルーンスカート』 大好きです。

はき心地抜群!縫うのも簡単。スカートはこれしかはかない・・・というくらい

 lovelyベタ惚れです。

グレーの小紋は縮緬の着物で、バラの花模様の方は綸子です。

どちらが表ということもなく、その日の気分ではいた方が表です。

布もたっぷり使っているのですが、しなやかな絹はとても軽くて、暖かい時期は涼しく、寒い時期は暖か・・・。

久しぶりに眺めていてニヤけてしまうようなお気に入り作品になって嬉しいですわ。happy01

1月は「OHANA洋裁教室」冬休みなので あれもこれも作るぞーッ!!と年明けに気合入れたはずなのに。。あら、まぁー!気が付けばあと一週間で2月だわ。sweat01sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

圧縮ウールでコート

Photo


自分用に圧縮ウールで裏無しのハーフコートを作りました。

私らしい いかにも・・的な洋服を縫うとなぜかホッとします。

前身頃から続けて裁ち出したフード付きで、後ろ見頃と袖、パターンはこの3種類のみ。(ポケットは適当に直裁ちで)

見返しなし、芯貼りもなしの超簡単仕上げです。前もボタン留などしないであけっぱなしではおるので、面倒なボタンホールももちろん無し。

唯一、縫い代を折り伏せ縫いにしたあたりは、一応物作りを仕事にしている者としての悪あがきかも・・・。フードのはぎ合わせは見えちゃうしね。wink

前日の午後からパターンをおこして翌日の午前10時半には完成 sign03

11時半の待ち合わせにさっそく着て出かけるという 「泥縄」 作業であります。sweat01

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

冬用のコートがなくて今年の冬は困っていました。

去年まではあったのですが、あの震災で義姉への支援物資であげたのです。

震災の時は毎日本当に寒くて、3月というのに雪ばかり降っていました。

4月になっても寒さは続き、とにかく手持ちの防寒着をかき集めて持って行ったのを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○作務衣のアレンジ

Photoひぇ~!! happy02 sweat01 

本当はお見せしたくない。。あまりジッと見ないで! eye
でもお見せしないと話しが始まらないのでシブシブUPです。

女性用の作務衣上着です。

もうだいぶ前に 「機会があったら作務衣を作ってほしい。」と言われながらかなりの月日がたってしまいました。

最近再び話がでて、やはりここは何とかしないと…と腰をあげることに相成りました。

shadow 「ウールの着物で、裏がフワフワ(起毛)している生地だと良いんですけど。」

手持ちでちょうどそのような丹前がありましたので、さっそく作ったのですが、見た目どうにも悲しい仕上がりになってしまって。

形はどこから見ても作務衣の上着そのもので間違いないのに何が悪いのかしら?「色」?「縦縞の柄」?

依頼主は喜んでくださいましたが(社交辞令かな?) やっぱりどうにも気に入らない。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

・・・で、リベンジであります。Photo_3


Photo_4


こちらの本を参考にして、着物の上に着る方なので打ち合わせを着物仕様に、袖ぐりを少しアレンジしました。

明るく華やか色柄が似合う方なので、ピッタリのウール着物が見つかったのは嬉しいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

男物着物

Photo_2


『白衣(びゃくい)』 です。

お寺のご住職が法衣の中に着る着物(襦袢)です。

何十年ぶりかの和裁です。

フリーの受講で教室に来ている方が2年ほど前お寺に嫁がれて、先代のご住職が残した白衣用の反物が沢山あるので縫い方を教えて欲しいとのお話でした。

要は男物単衣の着物ですが、図書館で借りた本片手に非常に難儀いたしました。

でも、リメイクのために何枚も何枚もほどいた着物の記憶が思いのほか役に立ったことに気が付きました。

それと単位を捨てた和裁の記憶も・・・。smile

最近のことはすぐ忘れるのに昔のことは案外覚えてる、、、

これってちょっとヤバイです。

厄払いしたほうがいいでしょうか?そういう問題でしょうか??typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆新年

H23_2
            (タペストリーは今年にふさわしい「龍」柄のです)

たくさんの心痛む出来事を包み込むようにして、静かに新しい年が明けました。

例年通り守り本尊へ元朝詣りに行き、お餅もいただき、年賀状も届きました。

でも今年の新年は「おめでとうございます」という言葉が素直にでてこなくてすみません。

届いた年賀状にも「おめでとうございます」の文面がほとんどありませんでした。

一番多かったのが 「穏やかな年になりますように。」

願いは一つです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

年末に縫っていた「男物単衣着物」・・・

結局あと少しの所で年を越してしまいました。catface down 残念!

気になってしょうがない。。。で、新年から寝正月ならぬ「裁縫正月」

本日めでたく完成いたしました。

こちらは素直に 「おめでとうございまーす。shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »