« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ミシン

私には 洋裁の『師匠』 とつねづね尊敬している従姉がいます。

私が着物リメイクに取り組むきっかけとなったのもこの従姉の影響大です。

某「着物リメイク」本の製作協力者に従姉の名前があってビックリ!!

それ以来、(苦しいときの従姉頼み・・・)で、相談にのっていただける頼もしい従姉です。

従姉の住まいは気仙沼市で、しかも魚市場の近くです、、いえ近くでした。

お察しの通り今回の大震災で、自宅は二階にも人の背丈ほどの津波が押し寄せたそうです。着のみ着のままで避難したのはいうまでもありません。

被災した方は皆さんどなたも同じと思いますが、そのような『ふるさと』にどうやって恩返しができるか、この5ヶ月あまりずっと考え続けてきました。

ボランティアたりません・・・といわれても ガレキ撤去やドロかきは高齢者に近づきつつある老女ではお断りされそうだし。。。

口だけ達者なバーさんボランティアはかえって迷惑よねー・・・などと思うばかり。

結局今までなぁ~んにも良策を見出せないまま <本日に至る> です。

情けないかぎりです。weep

でもやっぱり 恩返しを・・・の思いはつのります。

ふるさとの壊滅的な風景は一日も頭を離れることがなく、気持ちも沈みがちになる日々ですが、針を持ったりミシンを踏んだりしている時だけは心が落ち着くと気がついたとき

flairそうだ!!従姉だってきっと一日も早く裁縫をしたいと思っているはず。

テレビでも被災した方が「することがあると気がまぎれて楽しい。何にもしないことが一番つらい。」と話してたし。

思い立ったら行動は早い (??ホントに???)  かな・・・。

Photo

二台あった職業用ミシン、一台あげちゃいます。(おー、太っ腹)

もう10年以上も使わないでいた「2本糸ロックミシン」も無いよりはまし…と思い、調整してもらいました。(ホントはそろそろ処分しようかと思っていたのですが、取っておいて良かったわ。)30年以上も前に買ったロックミシンでもちゃんと動いてくれるなんて感動ですよね。

これを考えたら <口だけ達者のバーさんボランティア> でも案外出番があるのでは??などと思い直しております。

『恩返し』 大それた事はできそうもないので、今私にできる事から一つずつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆~☆ハワイアンキルトのトートバッグ

Photo

やっと完成いたしました。

毎日暑い日が続いていて、カッと暑い夏空のもとでいかにもハワイアン風に写真を撮ろうかと思いましたが、玄関でちょっと置いてみたバッグ、(あら・案外和風の中でも合うのね・・)と思いこんな写真になりました。

アップリケやキルトをしている間は無心で eyeglass チクチク sign04 仕事もサクサク進み、仕上がりが楽しみで気分はルンルン notes

ところがキルトが終わって、さてこれからバッグに作るぞと全体を見回してガックリ。

色調・・・あまり可愛くない。。。イマイチ gawk

もっと困ったのはサイズバランス。。。イマゴ(5) weep

アップリケが大きすぎたというか、土台布にゆとりがなさすぎたというのか、、、本当はもう一回り大きくて気持ち横長で入れ口にファスナーを付けたタイプ…とイメージはあったのですが、いわゆる設計図のようなものを作らず得意の行き当たりバッタリ hairsalonチョキチョキ・sign04チクチク した結果です。

丸二日生地を縦にしたり横にしたり、マチを作ってたせばなんとかなるかも・・・などなど悩みましたが、結局はそのまま縦長のトートバッグになりました。

A4サイズが縦にすっぽり入るトートバッグになったので、これはこれでOKとします。

プレゼント用のはずでしたが悩んだ分間に合わなくなって 残念sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●お変わりないですか?

ご無沙汰した方にご機嫌伺いをするとき・・・

「お変わりないですか?」 「変わりなく元気にしております。」 が通常の挨拶でしたが、ここしばらくは実家に電話をかけてお互いに 「変わりないですか?」 と聞くのは今までと同じ。

私の返事は 「変わりなく過ごしています。」 と言い、「それは良いですね。」 と兄の返事で、「そちらは?」 と聞くと兄は 「こちらも何ぁ~んにも変わらず、相変わらずガレキの山です。 cryingdown」  との答えがかえってきて、お互いに「変わりないのも困ったわねー。」 と、個人の力ではどうにもならないことに肩を落としています。

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日、お盆で混み合う前に気仙沼の実家の様子を見ながらお墓参りに行ってきました。

大震災からもうすぐ5ヶ月になるというのに、兄の言うとおり本当に何も変わってはいませんでした。

散乱していたガレキや車は少しずつまとめて集められたようにも見えますが、やはり見渡す限りガレキの山です。

被災した家がだいぶ取り壊されて土台だけになった分ちょっとは視界が広がったような感じもしますが、個人ができるのは壊れた我が家を解体してもらうことぐらい。

浜唄で 『大漁歌いこみ(音頭?)』 といったような唄があって

♪ 前は海、ハァ~ヨ~ 後ろは山で~~♪ という歌詞なのですが、気仙沼の地形はまさにその歌詞の通りで、気仙沼湾を取り囲むようにわずかな平地に商店や水産業関係の建物、住宅地があってすぐ後ろが山です。

最近はテレビのニュースや特番などで気仙沼からの中継画像が映る機会が多くなっていますから、今度見る機会がありましたらその辺を注意してみて下さい。

山肌にかまぼこ型の体育館ののった学校の建物や教会の建物が見えるアングルだととても良く分かっていただけると思います。

津波被害の無いところで平地を探すのは至難のわざです。

前回行った時は市場などがある市街地に立ち入る事ができなかったのですが、今回は地盤沈下した道路に盛り土して立ち入ることができたので、いくらかは身動きとれるくらいの復旧はしているようですが ・・・まだまだ・・・です。

道路事情は主だった所は通れるようになっていたので、唐桑半島の方にも足をはこんでみました。漁港や浜のあたりは似たような被害でしたが、細長い半島は馬の背状態の山肌に建っている家も多く、そういったところは今までと変わらない景色でした。

リアス式海岸の観光ポスターで必ずといっていいほど登場する巨釜半造です。

Photo

中央に斜めに入る亀裂は明治29年の三陸大津波で折れながらも倒れなかった跡です。

今回の津波でも倒れなかった 「折れ石」 です。

あの恐ろしい災害をもたらした海も今はきれいなエメラルドグリーンで、岩場にあたってくだけた波はまるでクリームソーダー wave

何事も無かったように以前の「陸中海岸国立公園」に戻っていました。

気仙沼に行くときはお弁当と飲み物持参は必須。riceball せっかくなのでこの景色の中でお昼にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイアンキルト ♪

8月突入なのに仙台はここしばらく肌寒い日が続いております。

暑ければ暑いで愚痴タラタラ言うのですが、やっぱり夏は暑くないとなんだかちょっぴり寂しいです。

でも節電にはなるからいいのかなー??とも思うのですが。。。それに災害被災地には少しでも過ごしやすいにこしたことはないですね。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

久しぶりに・・・3年ぶりくらいかも・・・『ハワイアンキルト』 をしてみようという気になり取り掛かりました。

8gatu_2

プレゼント用に「トートバッグ」の予定です。

事の発端はハワイアンチックなインテリアで統一している娘の家に行き、今掛けてある階段ホールのタペストリーを統一感のある色調で作ってかけ替えようという話になったことです。

ハワイアンキルトをするのは本当に久しぶりなので、まずはあまりラインのこみあっていないもので手慣らしをしてからです。 パターンは 「パンの木」 にしました。

普段はミシンの スピード感 ”命” 人間 で 手縫いチクチクは嫌なのですが、このハワイアンキルトだけはどうしたことか大好きです。チクチク始めたらもう 

♪~ どうにも止まらない ~♪

これから残りのしつけをしたら早速はじめます。

ちなみに糸とアップリケ針の間にある茶色の物体、チョコレートではありません。

ソフトレザーで手作りした「シンブル」です。 とにかく細くて短い針で ひたすら 《ちくちく・チクチク》 白魚のような指(?????)に穴があくので「シンブル」は必需品です。

市販品も何種類か買って使いましたが、どれも私のシラス干し指にはなじまなくて、お店の店員さんに相談したら「何個かまだ持ってますから。。」と、ご自分のを下さったのです。それがとても使いやすくてしばらく使いましたがちょっと downお疲れぇ~・・の状態になったので、まねて作って重宝しています。

1 ありあわせで焦げ茶のソフトレザー使ったので、現物はやはり見にくいですが、一応作り方です。

いただいた物は白のバックスキンでしたが、しなやかに手になじむ革なら大丈夫。結構薄い皮でした。

このタイプは市販品にもありますが、市販品は革が硬めで私の場合縫っているうちにスッポ抜けてきて annoyイラッ の連続でした。

とにかくしなやかで柔らかい革を選ぶのがポイントです。

幅はご自分の指のサイズと相談して決めます。(市販品を参考にしてもいいかも)

縦長二つ折り、または横二つ折りして縫うだけです。縫い代は縫ってから1~2ミリでカットすると楽です。

合皮ではどうかと試してみましたが down いけません。針がプスプスとささります。

革は使っているうちに伸びてゆるくなってきますので、縫いつめれば使えます。

ではでは・・・ハワキルのアップリケから取り掛かります。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »