« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

♪誕生日

Photo

私の誕生日は2月13日です。

イベント大好き家族は、折に触れ集まってはワイワイ飲んで食べてにぎやかに過ごします。

先日も娘たち家族が手作りケーキ持参で集まり大騒ぎいたしました。birthday present

食事は 私・・作る人 家族・・食べる人 が毎度のパターン。

娘たちもそれを楽しみにしてくれるし、私もみんなのために料理するのが大好きなので <需要と供給のバランス> がうまくいっている家族です。

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

みんなが集まる2日ほど前、デパートのバーゲン広告に載っていた「ティファールの鍋セット」を買うつもりで出かけたのですが、あまりの寒さに途中で挫折。根性なしの私であります。 despairsweat01

ティファールはすっきり収まりがよさそうで (いつかは欲しいスッキリ鍋)・・・

『念ずれば報われる』 

Photo_2

ナント!!娘たちからのプレゼントは 憧れの『ティファール』のセットでした。

これにはビックリ。(@_@;) ティファールが欲しいことは誰も知らない トップシークレット だったのに。。。どうして分かったんだろう???

どうも私の『欲しい』は顔に出るのかも知れない。

そういえば、去年の母の日も欲しいなーと思っていた『ホームベーカリー』をゲットしたし。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

今まで使っていた統一感のないゴチャゴチャ鍋は処分することにして、ピッカピッカのティファールと入れ替えさっそく使ってみました。

ところがとても重大なことに気がつきました。

「料理の味は目でもわかる sign03」 

今までのアルミ鍋は中もアルミ色なので、煮汁の色加減でなんとなく味の加減も分かっていたんですね。

たぶんティファールも使い慣れてくれば分かるようになるのでしょうが、それまでは・・・と、慌てて処分しようと思った中から「ゆきひらの片手鍋」を戻してしまいました。(笑)

根性なしの私は新しい物にもなかなかついて行けないのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宿題

1月の一ヶ月間いただいた冬休みも終わり、洋裁教室も2月から再開しました。

期日が迫った作品作りはさしあたり終了したので、合間を見て気になる宿題(??)を製作です。

まずは「急ぎませんから・・」 とご依頼いただいていた定番の『畳ヘリバッグ』

それと洋裁教室にいらしている方から頼まれた、やはり畳ヘリで作るポーチです。

Photo

ヘリのポーチのご依頼は2個ですが、あと何個か作ってお好きな色を選んでいただこうと思っています。

      ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

次がやはりバッグ続きですが、こちらは本当の <宿題>

2 

ちゃんとしたバッグの作り方を覚えたくて通いはじめたバッグ教室も、怠けながらではありますが今だ続いております。5月がくると2年に・・・

飽きっぽい性格の私としてはまーまー続いたほうでしょうか。

バッグの前部に付く大ポケットの、、そまた前に付く小ポケットと携帯入れを次の教室の日までに作っていこうと決めたのでなんとかここまで作りました。

携帯入れのレザーの蓋、丸みのところのステッチがなかなか難しかったです。作り直してなんとか宿題は終わり。

どんなバッグになるかは 乞うご期待 scissors

     ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最後は またまたバッグというか ポーチ です。

001_3 Photo_6                                  

  火曜日の洋裁教室の方が教室再開の手始めに 「畳ヘリのバッグ」を作られて、余った時間でポーチを作ります…ということになりご持参のフラノ生地を裁断されたのですが、3個分裁断できたので「作ってみませんか?」と私に一個分くださいました。

教室の K さんは刺繍も習われていて、蓋の部分に刺繍の作品をアップリケしますとのお話しでした。

ならば私も・・とまねっこでカットワークのリボンを切り取ってつけてみました。

なんでもすぐ真似したがり節操なくてごめんなさい。coldsweats01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○付下げのドレス

前回予告の 「付下げ」 の着物でドレス…

同期会の前日にギリギリで仕上がり、会もめでたく参加する事ができました。(ホッ coldsweats01 )

聞けば、この日のためにわざわざ訪問着をあつらえて 参加される方もいるとか・・いないとか・・・。 sweat01

友人にその事を話し、どんなデザインにしたものか相談したところ

「あなた、それなら絶対奇抜なスタイルでいくべきヨッsign03  」

と、いかにも派手なデザインをすすめられましたがどうにも着心地悪そう。

(…あのー、足がもつれて転びそうなんですが。この歳になると転倒は命取りでは??)

気持ちイマイチをさりげなくアピールしましたが

「あなたッ!!パーティーよッ!!着心地後回し。見た目優先でしょう sign02

友人はガンとして譲らない。

しぶしぶほどいた着物をお勧めデザイン風に広げてみたらやはりパッとしませんでした。

さすがの友人もこれで納得してくれて 一件落着 sign05 で安心しました。

イヤーよかった・よかった。

淡~いピンクの優しい着物ですもの。

私だってクラスメイトの前では お品良く登場したいですわ。(ホホホのホ boutique

001_6

ロングのチャイナドレスです。(チャイナドレス好きなんです。)

Photo_2

                                   (ネックレス乱れまくってます。すみません)

付下げ意識した柄取りしました。おくみ部分に一つだけ残ったバラを切り取って胸元にアップリケしました。スゴ~く 苦労しました。sweat01

チャイナドレス胸元の切り替えは「開きみせ」にして 後ファスナー開きです。

切り替え縫い代をロックミシンで始末をするとき身頃本体を巻き込んで

ザックリ hairsalonhairsalon そのときのおもい、ご想像ください。

今思い出しても身が凍る想いです。夜は寝付けませんでした。

「あら、柄をうまくいかしたアップリケが素敵。」

などと言われ、おホホ・・と涼しい顔でお澄まししてますが笑顔の裏は非常に奥が深いのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »