« カルチャー教室 教材 | トップページ | ○おにぎりの具 »

カルチャー教材 その2

Photo

前回と同じ 『ベスト』 なのですが、こちらは手縫いで仕上げてあります。

実はカルチャー教室は会場の都合でミシンを何台も・・というわけにいかず、まずは「手縫い」の教室になります。

しかしながら前回のベストは(サンプルなので…)と、バイアスと裾のまつり縫い以外はミシンでザサーッと縫いました。

節操なくてすみません。coldsweats01

皆さんに教えるのにこれはいけない・‥…━━━☆

と、深~く反省して(フムフム 偉いぞ!!) やはり忠実に手縫いで作ってみました。

およその製作時間も把握しなければいけないし。

Photo_2

   Photo_3

脇縫いと肩縫いは「袋縫い」にします。衿ぐりや袖ぐりの縫い方はミシン縫いの場合と同じです。

地縫いの所は手縫い用の糸を使いましたが、まつりの糸は表にあまりひびかせたくなかったのでミシン用の糸でまつりました。

布は小紋の着物をほどいた状態でいただいたものですが、あちこちにかなりひどい汚れがあってよほど処分しようかと思っていたものです。

でも、汚れはあっても布地の傷みはまったく無く、トロリとした絹の手触りは捨てるにしのびない。

できるだけ汚れが目立たないところを「ベスト」に使い、残りで大好きな『バルーンスカート』を作ってみました。

Photo_4  Photo_5

少しくらいのシミは裾まわりに出る部分なら気にせずに使い、大きな汚れは裏スカートに持っていきました。

Photo_6

 Photo_7

本来ならリバーシブルで裏表どちらもはけるのですが今回は表だけであきらめます。

もちろんこちらのスカートも手縫いで充分縫える作品ですが、チクチク縫う分量がかなりありますので 「punch 根気」 がいります。

|

« カルチャー教室 教材 | トップページ | ○おにぎりの具 »

2.作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508766/36630658

この記事へのトラックバック一覧です: カルチャー教材 その2:

« カルチャー教室 教材 | トップページ | ○おにぎりの具 »