« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

~♪~ マイブーム  

わがやの朝ご飯は100%和食です。

白いご飯と味噌汁は基本中の基本。漬物も基本と言いたいところですが、漬けるのを面倒がる私の気分しだいで無いときもある。。。(スンマセン)

おかずは「焼き魚」や「煮物」・「おひたし」に納豆や卵、のりなどごく一般的な 「fuji日本の朝ご飯」 ざます。

主人は「納豆」派ですが、私は嫌いではありませんが食べたあとの(お口ベタベタ)感がなんとも・・・で「のり」かなー?

短冊状ののりであったかいご飯をクルンと巻き、醤油チョンチョンして食べたらそれはもううみゃーのなんの。日本人でよかったわーlovely

ところがつい一週間ほど前、奥歯が痛んでお口カミカミがしんどくなったのです。

歯が痛んでもお腹は減る・ずるずるチュルチュル流動食では腹持ちが悪い・すぐお腹がすくので機嫌が悪くなる。。。の悪循環です。

目の前では夫が **のりクルンのお醤油チョンチョン** でアングアングとおいしそうに食べてるし。。。(くそーッ、、あらお下品でざましたわ 坊主憎けりゃ・・ならぬ歯が痛けりゃ夫憎し!!) 私も食べたや「のりご飯」。

で、flairひらめきましたのよ。

Photo_3 もみのりご飯です。

ご飯にもみのりをかけてお醤油をツツーッのタラ~リ。

あたたかいご飯にのった「のり」はよりいっそう香りを増して、お醤油も全体にいきわたりチョンチョンでは味わえない notesハーモニー であります。

若干のカミカミは必要ですが、クルンよりカミカミ度は軽減されます。

もちろん週明けには歯科医に行って傷みも治り、カミカミだいじょぶ!!となりましたが、「もみのりご飯」はその後も マイブーム となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

洋裁教室 サンプル

定期購読のスタイルブックを見ていた教室の方が、、、

02_2 「ミセスのスタイルブック 春号」

こちらのジャンパースカートを作りたいということでパターンをおこし、裁断まで済ませました。

お一人でも縫える方なのでたぶん自宅で縫われている事とは思いましたが、私なりに縫い方手順をあれこれ考えてみました。

背中と、前身ごろはそで下から前開きあたりまでの大きめの見返しで、ノースリーブの袖ぐりの処理は見返しでします。

衿も、身頃と見返しのそれぞれに表衿・裏衿をつけてしまってから周りをグルリ縫い合せる…と本には説明図があります。

そーか、そーか、そういうことね。

ベストなどを作る要領で、脇は縫わずに身頃と見返しの肩をはいだら、衿ぐり・袖ぐりを縫っての字の形にする。次に身頃と見返しとの間に手を入れて左右の身頃を引き出す・・・というやりかたをするのが私の好みなんです。結構きれいな仕上がりにできるので

ハッキリいって 得意 なんです。任せなさいッsign01sign01

・・・と、ここまでは頭の中はサクサク順調でしたが、しか~し!!!

このジャンパースカートのパターンは前中心も後中心も「」に裁断するとなっていて、そうすると肩をはいだ時点で形がの字にならないんですね。

衿の縫い方はできるだけ本の説明図のように縫いたいし、袖ぐりも見返しもすべてミシンできれいに仕上げたい、、などなど思ったら頭が混乱してきた。shock

どの手順で縫ったら簡単にきれいに縫えるのかsign02

教室で聞かれたらどのように手順教えようかsign02

チョット前なら頭の中できちんとシュミレーション出来たのに、最近は頭がまわらなくなってきて愕然とすることが増えたような。。。 (気のせい、気のせい、、、と思いたいがそうでもなさそうでショックです。)

こんなことで二日も三日も悩んでいるよりは作ってみたほうが早いですよね。

ちょうど似たような色合いの布地があったし、メーター数も(ぜひこれを作りなさい)と言わんばかりのピッタリ分量。

  ***作りました***

01

作ってみればやはり sign04 案ずるより産むが易し sign05 でありました。

次回の教室のときにもし縫い方順序を聞かれたら、こんなに悩んだ事はsecretにして

シラーッとしたすずしい顔で教えるつもりです。

皆さんもこの一件はどうかご内分にお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋裁教室の作品です

昨年秋に「男物の紬でジャンパースカート」を作った方が、残った紬をアクセントに使ってジャケットを作っていましたが本日無事完成しました。

      001

身頃部分はお母様の形見の「錦紗の羽織」で、衿とカフスとくるみボタンに前回のジャンパースカートの残り布を利用しています。

とても丁寧な仕事をする方なので、さすがに仕上がりは素晴らしいです。

004 襟元(後背中心には家紋をいかしました)002_2 003_2 袖口のカフス

錦紗のトロンとした肌触りはとても心地よく、軽いし着やすいので出番が多くなりそうです。

次回ジャンパースカートと組み合わせて見せてくださるそうなので楽しみです。

   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日のランチは「ハンバーグランチ」でした。

1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »