« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ジャンパースカート

教室木曜コースの方はちゃくちゃくと着物リメイクに取り組んでいます。

     Photo

こちらは男物の紬の着物で『ジャンパースカート』です。

以前ウールの洋服地で作ったデザインがとても着やすいからと、同じパターンを使って着物地で作られました。

袖、衿、おくみが残ったので、これにはおるジャケットも作りたいとのご希望ですが、長袖となると残念ながら布地は不足です。

身頃は別布で、衿やカフスなどにこの紬をアクセントに使うことに話がまとまり、今日からジャケットに取り掛かりました。

仕上がりがとても楽しみです。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日のランチです。

     091126

実は今日のメニューがまったく決められず、今朝まで頭の中は shock 真っ白sweat01

朝のご飯がちょっとかために炊けたので、イナリ寿司とミニおにぎりにしてなんとか格好がついたかな?

他は・・・鶏ごぼうのつみれ汁・ふろふきカブのすりごまかけ・ポテトサラダ・サンマの佃煮

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元気のもと

私の「元気のもと」を・・・

  Photo_3 (着ているのは先日の割烹着です)

完成した割烹着は動きやすく、エプロンと違いあたたかでとても気に入りました。

これからの季節、割烹着はおすすめです。

で、「元気のもと」は手にしている楕円皿。

あの「セット」で行くレストランと器やさんに日曜日に行って来ました。

前回はレストランの食事にありつけなかったので、今回は作戦変更。

初めにレストランへ。オープン時間の11時ちょっと過ぎに到着しましたので無事食事ができました。でも、11時30分頃にはもう満席になるという、相変わらずの人気ぶりです。

食事の後に器やさんへ立ち寄り、手にしている黒の楕円皿と白い中鉢2個購入しました。

これがまたびっくりするような安さで、おまけに「お店の品全品10%引きよー。」などと聞こえてくるとつい買わずにいられない。coldsweats01

これでまたエネルギーがわいてしばらくは頑張れるかと思うと、わたしの元気もつくづく安上がりな『元気』よね。run

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フード付きジャケットとチュニック

Photo_2   02

裏地無し、ワンボタンでちょっとはおれるフード付のジャケットです。前は胸元がヨーク切り替えでギャザーがはいっています。後ろにもタックがよせてありAラインシルエットでゆったりした着心地です。

今回はツイード素材で作りましたが、綿や麻などで作るとカジュアル感が増して春・秋には重宝すると思います。

01 03

洋裁教室の火曜コースの方が、「とても着やすく重宝している服なのでパターンをおこしてください。」とお持ちになった『チュニック』です。

前回の教室の時で、ご本人はその日のうちにウールガーゼで仕上げました。

そのパターンを自分用にもチャッカリおこして作ってみました。

前は3本のタックをたたみますが、そのうちの真ん中のタックは少し多めにたたみ衿ぐりから少し下がったところにボタンどめします。(これが可愛らしさのポイント good

後ろにも2本タックですが、左に寄せてたたむのがミソね!

ちょっと見パターンおこしは簡単そうにみえたのですが、どーして、どーして、前タックのあたりは (あーかしら?こーかしら?)と二人で悩んだのですよsweat01

でもなんとか無事仕上がって、、、ここまでくればもうこっちのもんです。縫うのはとても簡単。(前の斜めに下げるタックはちょっとコツがいりますが。。)

着やすいし、おしゃれだし、何枚も欲しくなります。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな感じに・・・

先日の製作中作品仕上がりました。

☆ コーデュロイベスト ☆

  Photo_2

ポケットはおまけです。衿ぐりをカットすると必ず半円形の切れ端がでて、どういうわけかこの端布が毎回捨てられないです。coldsweats01

その結果の「おまけのポケット」が定番となっています。

☆ 畳ヘリのバッグ ☆

  Photo_3

大きさは W…底 32cm、入れ口 25cm ・ H…20㎝ ・ マチ 6cm ・ 持ち手長さ…50㎝

ちょっと小ぶりなおしゃれバッグになりました。

割烹着のボタンも無事付いております。

中途半端も これにて一件落着 scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製作中

最近HPブログのアクセス数が増えてきて、UPに間が空くとちょっと焦っちゃいます。sweat01

せっかく訪問してくださったのに 「えーっ!まだこの前とおんなじぃ~pout ガッカリだよーdown」…ってプッツリ切られちゃうのではないかと。

「まって~paper 行かないでー、カンイチさーんcrying」 と、金色夜叉の貫一お宮の一人芝居をしている場合ではない。

一応ちゃんと仕事してるんだかんね!!というところもお見せしておかないと。…ただし悲しいかな、すべて中途半端なんです。すみません。

*その1  『割烹着』

  01   02

後ろボタンあき、スモックタイプの割烹着です。13ミリのボタンが9個付くのですが、あいにく手持ちが無くここで中断しております。(グスンsweat02

*その2  『ベスト』

  02_3

コーデュロイのベスト、色違いで二枚。同じデザインなので裁断だけ一気に済ませました。

あとはガーッと縫うだけ…(なんですがねー)

*その3  『畳ヘリのバッグ』

  01_2

以前横はぎタイプのバッグを作ろうと思って接いではみたけれど、途中で気が変わりそのままにしていたのを、おとといフト思い立ち、ここまでこぎつけてあります。ふたを付けようと思ったまでは良かったのですが、マグネットボタンが無くてまたまた中断。

明日割烹着のボタンとマグネットボタン買いに行ってきます。

完成のあかつきにはもちろんお披露目いたしますので heart01乞うご期待  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆花のいのちは・・・

「花の命は短くて・・・」

いえいえ、今の時代はそうでもないのです。

週末、仕事で里に帰ってまいりましたが、ちょうど中学時代の同期生が『プリザーブドフラワー』と『グラスフィオーレ(ガラスの花)』の作品展をしているというのでおじゃまして拝見させていただきました。

   1

写真は、今は亡きお母様が育てた「カサブランカ」だそうです。

白いテーブル一面に敷き詰められたカサブランカの澄んだ白が、彼女のお母様への清らかな思いをあらわしているようで、なぜか一番心に残りました。

 3 不思議な色合いの「プリザーブドフラワー」

4 ミルキーな色って大好きです

5_2  花嫁さんの <Something Blue>

それにしても・・・

楚々として「○○の花」などと言われた 昔のお嬢様方 

今の世の中、「花の命は短くて・・・」どころではない。

さらに upバージョンアップ して shine永遠の輝きをもっておいでです。

恐れいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »