« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

第7回作品展終了

6月26日から3日間「第7回作品展」を開催し、本日無事終了致しました。

Photo_2

ご来場いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

clubclubclub 梅雨時の開催はお天気が心配ですが、幸い sun好天に恵まれ・・・いえいえ、恵まれすぎて連日30度を越すcoldsweats02 暑さの中でのイベントとなりました。

Photo_3  受付のある●「うつわ館」 

 1 木道を通り奥にある●「珈琲館」

会場は珈琲館の中で、天井が一階からドぉ~んと吹き抜けになっている二階部分のスペース。

駐車場からは、木漏れ日が差しているとはいえ小道を100メートル位 「ふぅ~暑いわねぇーwobbly。」などと言いながら(たぶん)テクテクと歩き、珈琲館一階のドアを開いてエアコンの爽やかさにホッとしたのもつかの間、会場の二階ギャラリーへの階段をドス・ドス(あっ、いや失礼) boutique コツコツと上って来るのです、お客様は。。。

「OHANAさんの作品展ってrain雨ばっかりだったけど、今回は晴れたわね。」

 (うぅ~ん、雨の日は一度だけだったような。。)

「OHANAさんの作品展っていつも暑いわよねー。」

 (いえ、昨年は11月でした。)

学校時代、理科で ☆あつい空気は上昇する☆ と習いましたが、作品展におみえになったお客様は全員 (あの時先生のおっしゃったことは間違いではなかった。) と実感するのです。 とにかく暑かったsweat01

OHANAの作品展は子供の頃の理科の復習もかねているのですね。

すばらしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コートドレス

ローウエスト切り替えの「コートドレス」です。

Photo

絣模様、シルクウールの着物で、手触りがなんともしなやか。そして軽い。

優しい色合いは、組み合わせる洋服によってはとてもおとなしい感じなのに、ジーンズとあわせたら急に若返って lovely カワイイ。。。

『若返り』という言葉にはめっぽう弱い おばさま としては、あまり老け込まないうちに是非ともこのスタイルでお出かけしたい…と、これから暑い夏に向かうというこの時期、ヒジョーに心アセアセsweat01です。

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日から第7回作品展を開催しております。

写真を添えてご報告UPしたかったのですが、デジカメcamera を会場に置き忘れてきてしまいました。残念 down

30度を越す暑さの中、ご来場くださった皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプロンドレス

Photo

同じパターンをつかって3枚。

ポケットがちょっとずつ違います。

グリーンのはバックスタイルで、他の2枚もこの「後ポケット」は付いています。

ブルーのダンガリーのポケットは、ポケット口を少し広げてわざと『くたっと感』が出るようにしてみました。

ベージュは、写真では分かりませんが白の水玉模様の布地です。ポケットのデザインは・・・ karaoke毎度おなじみ・資源回収(?)の ~ハギレ寄せ集め~ です。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

料理家・栗原はるみさんの(私、隠れはるラーだったのですね、実は。) 「ゴミだしエプロン」を作ってみようかとずっと思っていたのですが、大またで runザッ・ザッと歩く習性の私には 裾広がりの少ない boutique これ系のデザインはちょっと抵抗が。。。

かといって自分なりにパターンを修正するのはヒジョーに面倒くさい。bearing

でもいつかは作ろうと買いおいた布地も気になっていた折、今回結構裾広がりになっているパターン(写真ではあまり広がりが見えませんが・・)をゲットしたので一気に3枚も、、、という結果に相成りました。

これから暑さに向かうこの時期、Tシャツにさっと着られる一枚はすごく重宝します。

☆☆ 楽しみだワー sun ランランnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母のアジサイ

近頃物忘れがちょっと進んだ義母が我が家に泊まり、朝帰り際に家の玄関の花飾りを見ながら 「今度来る時庭のアジサイ持ってくるね。」 と。

「今」のことをすぐ忘れることも度々の義母ゆえ、(言った事、きっと忘れるんだろうなーconfident) と思いながら送り出しました。

ところが、義母を送っていった夫がたくさんのアジサイをかかえて帰ってきたので もう、ビックリ sign03

忘れなかったのねー shine

Photo

ひと月遅れだけど 

☆゜・。。・゜゜・。。・゜ おかあさん ありがとう lovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

縞の着物で・・

男物の縞の夏着物から 『ドローストリングのワンピース』を作りました。

Photo

おととい、定期購読しているスタイルブックが届き、そこに載っていたワンピースを早速作ってみた次第です。(本ではポケットはありません。)

実は、前身頃の脇、ちょうどポケットを付けたら良い位置にどうしても避けられない布傷みがあったのです。

シャリ感のある夏着物は、たっぷりAラインがとてもよく表現できて嬉しいわnotes

ひもを裾で縫いとめて絞る「ドローストリング」も、ふんわり効果upアップかな。。。

インナーに、これもやはり「ギャザーたっぷし!!」のお気に入りのサンドレスを組み合わせたら、ますます ふんわり 乙女チック。

麻のパンツと組み合わせるのも良いみたい。

それにしても sign04 実物は全く気にならなかったけど ポケットが デカイ typhoon なぁー。写真はどうしてこんなに大きく見えるのかしら?

2

これは例の、作品完成までの「ハギレ一時ストック箱」 (☆切り落としハギレのゴミ箱あさり…とも言う)から拾い上げて、布地を縦にしたり横にしたり・・悩みぬいた成果であります。

布地の形状からして、袖ぐりから脇にかけての切り落としらしい。

初めはきちんと切りそろえ、ギャザーをよせただけのプックリポケットの予定でしたが、いじくりまわして悩んでいるうちに、横長にして四角になっている部分を縫いとめたら 「eyeglass目がね」や 「penペン」を入れる専用ポケットになるのではと flairひらめいたけど、実際の使い勝手はどうなんだか。coldsweats01

でもここまで布地を有効利用してるんだから ヨシscissors と しよーっと sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■タックトワンピース

祖母の形見の羽織をほどいて、いつでも洋服にリメイクできる状態にまでしながらズーッとそのままにしていたものを、今回いよいよ奮起して「タックトワンピース」に作りました。

Photo

銘仙ですが、もっとこなれて柔らかくなっていると思ったのですが、どーして・どーして、シャキッと踏ん張っていました。

着はじめのうちはシャキっとした張りでタックがふんわりと広がっていますが、だんだん着こなれて身体になじんでくる楽しみがあると思うと 《 二度おいしい notes 》

このようにいつでもリメイクできる状態にした着物がコンテナBOXにかなりたまっている。(お金が貯まっているのなら嬉しいが、こちらはあまり嬉しくない down )

時々ひっぱり出しては何にしようかと思い悩み、 ハァ~sad と溜め息ついては また見なかった事にしてBOXに戻し、再び深~い眠りに。。

ウィスキーなら『○○年熟成させた芳醇な味わい・・』とコマーシャルできるのですが、着物では時間の経過とともに布地が弱る事も。(いわゆるフケルという言い方もある)

いやいや、そんなことより何とも邪魔くさいです。

一度全てリセットして 一から出直したい・・・って、何だか人間模様そのものですわね。

奥が深いゾ 『着物リメイク』 bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデニングパンツ

最近すごく真面目に(?)仕事やってます。up

気合はいってます。punch

先日、「リフレッシュお出かけ」 rvcardash した時、心ひかれる「リメイクパンツ」を見つけて購入。

これがとてもはきやすかったので、さっそくまねて作ってみました。

着心地があまりにも楽で 『ガーデニングパンツ』 と、勝手にネーミングしました。

Photo

一枚はウールの着物で、カーキ色のは綿ギャバジンです。

肩ひもは胸当てにつけたループに結んで長さ調整をして着ます。

購入したパンツがこのスタイルでした。

実際作りながら、この肩ひのも部分をボタン留めにしたほうがスッキリするような気がして悩みましたが、固定してしまうと「楽な動き」が損なわれそうな気がして、やはり「ribbon 結ぶ」というスタイルに落ち着きました。

カーキ色の方は、左足元に遊びのポケットがついています。裁断時の切り落としハギレを利用です。今、この「遊びポケット」にはまっていて、裁断した後ゴミ箱あさりをするのがクセになっています。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイドパンツ

はきやすくてとても気に入っているパンツなのでパターンをおこして欲しいと頼まれて、見れば・・・flair おーっ、これぞまさしく私も作りたいと思っていたパンツではありませんか!

( eye キラ~ンshine

もう、教室そっちのけで(すみません) sweat01せっせとパターン作り。

パターンが出来ればすぐにでも作りたいのが『人情』というもの。

生徒さんには 「あっ、ここまでシツケしてミシンかけちゃってください。」と、一応ポイントはおさえておいて、こっちはこっちで手持ちの布地をチャッチャカ hairsalon 裁断 hairsalon 

脇縫いのないとても簡単なパターンだったので、あっという間に完成しました。

Photo_4   

縫い代にロックミシンをかけたら、股下縫って、股ぐり縫って、縫い代多めに裁ち出したウェストを折ってステッチをかけてゴムを通す。裾始末。以上 sign03

と、通常はこれで完成ですが、さすがにそれだけでは芸がない。

それに何度も言うように「ポケット」はオバサンの必須アイテム。(私は、rvcar車のキーkeyはポケット・・と決めてるしぃー。)

で、布の切れ端寄せ集めて接ぎ合わせ、右脇には実用性重視、左裾には遊びごころでポケットをつけました。

布の素材は綿と麻の混紡です。

かなり前に作った「サマージャケット」と同じ布地。 (と言うより、その布地の残りです。何せセールですごく安かったので、5mもまとめ買いしてたんです、ハイ。)

これで今回めでたく「パンツスーツ」が完成しました。note ルンルン

「・・・・・あのぉ~、先生、パターン代お支払いします。」

「へっsign02 「い・いえ、これは私のパターンです。使う時はお貸ししますワ。」

・・・って、もとはいったい誰のためのパターンでしたっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆錦紗の着物から

Photo

とてもきれいな青紫の錦紗の着物で『ワンピース』のご依頼。

Photo_2

スカート部分は、8枚接ぎでウェストに前後それぞれ6本のタックをたたんであります。たっぷりした布幅使いでも大きく広がらないのは、トロンとした錦紗の持ち味です。

サッシュは着物の衿がちょうど良い長さです。

サッシュをつけるとちょっと華やかに、もちろんサッシュなしでシンプルにも。

crown このワンピースはお嬢様の結婚式で着られるのだそうですが、あえてロングドレスにしなかったのは後から 「○川 ○」さんのkaraokeコンサートに着ていきたいからだとか。。。

いいわねー happy01 楽しみがたくさんあって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »