« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

畳のヘリで・・・

以前友人が持っていた「畳ヘリバッグ」に一目ぼれして以来

時間が空くと「ヘリのバッグ」に夢中で、娘に・・姪に・・と、もっぱらプレゼント中心で作っておりました。

毎回似たようなデザインをサイズを変えて作りながら、(もう少しアレンジしたデザインは出来ないものか??)と悩み続け

ある日 flair ふと 思いついたのがこれ。。。sign01

Photo_4

どうなっているかは企業秘密 ban (見ればわかる??)あっ、すみません。sweat01

結構苦労したんですが、苦労のわりには結果が平凡でした。

Photo_5

内部はもっと平凡です。一応内ポケットに携帯入れ、バッグ入れ口はマグネット付きタブ留めです。

この苦労、もう一回するかと言われたら、、、う~ん、それはどうかな sign02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パンツとバルーンスカート

4月に入ってからは、案外真面目に( coldsweats01 sign02 )仕事をしております。

教室の合間をぬって、本来の「着物リメイク」品やバッグ作りを セッセ sweat01 と頑張っています。

まずは『着物』から二枚。。

● ハーレムパンツ・・・というか、「もんぺ」というか。。。coldsweats01

Photo Photo_2

型紙無し!サイズ・適当!!と、手抜き洋裁にはもってこいの一枚。

着物の身頃一枚分を4つに切って前、後の両脇布に、前中心、後中心にはおくみ布一枚を半分に切ってそれぞれ接ぎ合わせます。凹型に接ぎ合わせてから股下部分を**お好み(?)**のカーブに切り取って、股下を縫い合わせます。

裾はギャザーをよせてカフスをつけました。

切り取った股下部分がもったいなかったので、これもギャザーをよせてポケットに利用してみました。実用性より遊び心を優先させて、ポケット位置はちょっと下目です。

ウェスト布にもおくみを使い、パンツ布の余分は接ぎ合わせにタックを取り調整しました。

● バルーンスカート

Photo_3

着物のもう一枚分の身頃を、やはり4つに切って、袖一枚も同じ長さに切り、布幅5枚接ぎで「バルーンスカート」です。

参考にした本では6枚接ぎとかもあります。布地の張りや厚さで加減しながら作っています。

裾に使った銘仙は半幅で残っていたのを利用しました。

このバルーンスカートは第一回作品展からのロングセラー、大人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっくら系お土産 2品

3月から4月にかけては身の回りが何かと慌ただしく、洋裁教室も変則的になりがちで、受講生の皆様にもご迷惑をおかけしてしまいました。

それでも曜日の変更に快く応じていただき、そればかりかお土産までいただいちゃったり、、、感謝です。

その1 ・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo  山形の名産 「焼麩」

ふっくらと香ばしい「焼麩」です。

水、またはぬるま湯で戻し、好みの大きさに切って <ギュッ> としぼり(これ大事です。味が良くしみます。)色々料理します。

今回は「から揚げ」にして教室ランチにしました。

417

豆ご飯と鰆の西京味噌漬け・・・そうそう、豆皿にちょこんとのっている「梅のりんご酢漬け」、これも焼麩と一緒にいただきました。甘酸っぱくてとても美味しい。お口直しにぴったりでした。

その2 ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_2  「八重咲きの椿」

こちらも ふっくらと咲いた椿。

さっそく教室の棚に飾りました。

花の隣の額の押し絵も、「焼麩」・「椿」をくださった方の作品です。

我が家の猫をモチーフに作ってくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後リボンのワンピース

Photo

Photo_2   3

  (バックスタイル)

「ミセスのスタイルブック」 という本が大好きで定期購読し、作品製作にかなり参考にさせていただいております。

セールの時にまとめ買いした楊柳があったので、キャップスリーブの可愛いワンピースを作りました。

実はこれ、本で見た時は作る気はなかったのですが、いつも行く器やさんのオーナーが着ていて、それがまたとても可愛らしくてすっかり一目ぼれ lovely

本では半袖ワンピースとして着ていますが、オーナーは中にTシャツとスパッツという組み合わせで11月頃に着ていました。

(そっかーflair、こういう着かたをすればオールシーズンOKなんだ。。)と、eyeからウロコ。

それ以来、ずっと作りたいと思いながらなかなか取りかかれずにいたのですが、やっと作る事ができました。

襟ぐりは、通した紐を絞り、後でリボン結びにして着るようになっていますが、毎回紐を絞ってバランスよく襟ぐりにギャザーを寄せるのは難儀なので (ちょっとした事が面倒くさいと思うようになったのは・・・これって老化現象 weep sign02 ) リボンは後開きの所で縫い止めて、襟ぐりにはゴム・・という作戦に変更。

おかげで脱ぎ着もとても楽ですワ。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜

襟ぐりゴム、、、は正解でしたが、襟ぐりの見返しに芯を貼ったのはイマイチでした。

とても柔らかい楊柳だったので、深く考えずに(いや、考えすぎ??)芯を貼ったほうが扱いやすいしキチンと感もあるのではと思ったのですが、かえって芯のはりがじゃまをしてギャザーがふっくらしてしまいました。(布地の薄さに助けられて、それほど変でもないのがせめてもの救いです。)

(あとから本を見たら、やはり芯を貼る指示はありませんでした。)

ふっくらギャザーも案外可愛いかも・・・と、自分を慰めております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男物アンサンブル用反物から

久しぶりに着物地での作品です。

1

2_2

昨年、絣模様の縮みで作ったワンピースと同デザインです。

男物のアンサンブル用着物地が反物でありましたので利用しました。

参考デザインは 文化出版局 「ミセスのスタイルブック」 2008 春号 から。

本に載っていたものは素材が ストレッチデニム です。

かぶりタイプで、大きく開いた胸元のタックをたたんで襟元のサイズ調整をして着ます。

ストレッチ性の素材のものを伸縮性のない着物地で作りましたので、サイズを1(~2)サイズ大きくしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告

OHANAの仕事、ちょっと休んでおりました。

私はピンピン元気だったのですがね、、、周りがちょっと。。。shock

3月下旬から私の身内3人が、バタバタと実家のある気仙沼から仙台の病院に入院。

毎日あちらの病院こちらの病院と、様子を見に駆けずり回っておりました。

夫に、病院に行く・・・と言うと、どの病院かと聞かれるので

初めのうちは「○○さんの所」と名前で言っていたのですが

なんだか自分でも混乱してきて、今では

「これから eye 眼の病院に行って、次に foot 脚 の病院、それから shadow お腹 へ行ってきまーすrvcardash」 といった会話のほうがお互い分かりやすくなりました。

おかげさまで footは明日退院、shadowも順調に回復しております。

eyeは明日手術、4~5日程で退院できるようです。

そんな訳でしばらくメールチェックもおろそかにしておりまして

久しぶりに「ブログ」のアクセス情報を確認した所

それでも毎日沢山の方がアクセスしてくださっていて、とても嬉しく思いました。

ご訪問いただきました皆様、本当にありがとうございました。

最近は本命の「着物リメイク」のアップがなかなか出来ない状態が続いておりましたので、早めにお見せできるように頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »