« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

羽織からジャンパースカート

デザインはホームページの作品カテゴリー「着物リメイク」に掲載している紬で作ったホームドレスと同じです。素材や柄もほぼ同じ、、の色違いで、こちらは依頼品です。

01

Photo

基本のデザインは後襟ぐりに留めボタン一個だけの開きでしたが、ご依頼のお客様は小柄な方で、かぶりで着るのは少し無理でしたのでヒップラインよりすこし上までの開きにしました。

くるみボタン留めが可愛らしさをより up アップ。

秋から春までのスリーシーズンはセーターやレギンスなどと合わせてジャンパースカートに、夏はワンピースとしても着られるすぐれものです。一年を通して着こなせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋裁教室 第三作目

教室の三作目はブラウスを作ることになりました。

お母様の思い出の着物を使って 『チャイナブラウス』 にチャレンジすることに。。。 

一気にレベルアップ up ・・・着物地の扱いとチャイナブラウスの前身頃は左右の形が違うことが最大の難関です。慌てず丁寧に作業を進めれば大丈夫です。

着物地は幅が限られているので布幅を接ぎながら裁断していきます。(私の場合は・・) また、銘仙の柄が大きかったので柄合わせも重要になってきます。

初日はていねいに丁寧に柄合わせをし、柄の配置も考慮しながら裁断して終了しました。まるでパズルをしている気分です。この辺も大変な作業ですが着物地を扱う楽しさの一つだと思います。あまり袖を通していない着物でしたので、汚れや傷みはほとんどなく、この点は楽でした。汚れや傷みのある場合は、こちらも十分注意しながら裁断しますので大変です。

Photo

こちらは教材サンプルとして作ったブラウスです。やはり着物地で作りました。ボタンはくるみボタンにしましたがしゃか結びの花ボタンもチャイナらしくなってかわいいです。

Photo_2

着物地の傷みや汚れはできるだけ避けて裁断しますが、布地の関係でどうしても避けられないときはできるだけ目立たないところにくるようにします。

これはペン書きしたような汚れがありました。スカートもとって布がギリギリでしたので、下前身頃の隠れてしまう場所にもってきました。

生徒さんの着物地は黒地に大きな格子柄のあるとてもステキな生地です。

完成したら是非お見せしたいです。お楽しみに。

今日のランチは  煮魚、ごぼうとにんじんの野菜てんぷら、豚汁、菜めし、漬物   でした。(写真撮るの忘れて食べちゃいました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ!!鎌倉へ

何となく忙しい日が続いて、朝起きてもなんだか(クーッ、かったるーい sad )と だらけそうになっていたある日、友人のやさしい計らいで急な事ながら鎌倉へ行ってまいりました。

時は3月3日の雛祭、世の人々は雛あられをほおばり白酒なんぞでほろ酔い気分の頃、ネットで調べた『田舎者のための鎌倉への行き方』資料を片手に第一関門の東京駅を無事…(あっ、ちょっとオドオド・キョロキョロもしました。すみません。)…クリア。

11時頃北鎌倉到着。ここから寺めぐりをしながら鎌倉の鶴岡八幡宮まで歩こうという計画。 北鎌倉駅のすぐ近くにある「円覚寺」からスタートしましたが、天気・ヨーシ!!気温・ぽかぽかヨーシ!! 梅がちょうど見頃で本当に気持ちの良い鎌倉めぐりでした。

003

 (円覚寺)

我が家の周りは住所にも寺が付いているほどお寺だらけのところですが、どこのお寺も近年建て直したところが多く・・「金あんだかんなー」が見え見えのごりっぱなお寺ばかりなんですね。近くを通っただけで(お布施高いんでしょうね)なんて思ってしまうような。。。

でも鎌倉で見たお寺は本当にシットリとしたたたずまいで、心があらわれる、、、とうのはこういうことなのね、、、とつくづく感じました。

お決まりの観光コースの小町通も行って、豆菓子やさんで試食の雛あられもガッポリほおばり、帰りの新幹線で白酒ならぬビールも飲んで、自分なりの雛祭りもシッカリいたしました。

すっかりリフレッシュして、『やはり持つべきものは懐のデカイ友人である』という結論に達しました。 メデタシ、めでたし。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »