日傘作りに味をしめて**

少し前に浴衣やら大島紬の残り生地やらで作った【日傘】

案外サクッとできて簡単な割にはちゃんと 売り物みたいに(笑)できて楽しいです。

味をしめてもう一本。

92c94594df1a42c7881d398f4c917213

これも浴衣地。

黒は紫外線を通しにくいと聞いていたので黒い浴衣をさがしました。

仕上げに〈UV〉カットスプレーを吹きかけて、完璧です。

😷マスクして 🕶サングラスかけて 🌂黒の日傘さしたら

コロナも紫外線も対策はバッチし…… なんだけど

ただの怪しい人物ですよね ⁉️

 

※ ※ ※ ※ ※

3月半ばからお休みしていた洋裁教室を6月から再開しました。

玄関にはアルコール消毒ボトルを置き、ミシン、アイロン、作業台など洋裁用具もアルコールで拭いて、、

いっちょまえに、ニュースに出てくる営業再開店舗さながらの対策をしました。

しかし大事なことを1つ忘れました。

これまで出かける時は必ずマスクをするので顔の3分の2は覆われている訳で、毎日すっぴん生活。

それがすっかり習慣になり、最初の3回くらいの教室をスッピンのままでしていた事に一昨日気がつきました。

生徒さんには大変お見苦しいものをお見せしてしまい 申し訳ない。😅

 

| | コメント (0)

浴衣で『日傘』

若かりし頃の浴衣、どんな洋服にリメイクしても自分で着るには恥かしい。

娘達も仕事や子育てに忙しく、浴衣を着る機会はほとんど無いので

思い切ってほどき『日傘』にリメイクしました。

 

De62fbf2ef594749afa6b511129d20fc

 

浴衣は2枚ほどきましたが、1枚は柄どりに難儀して断念しました。

Dcc5897729f8459db4abd5c6b1fc4caa

 

2組取り寄せたキット、もう1本は残り生地の大島紬で材質感の似ている3種類を組み合わせて

87d4054d05d546d99d60ae858493d4d5

 

日傘をさして自由気ままにお出かけできる日が

一日も早く訪れますように。🌂💕



 

 

 

| | コメント (0)

ロングテールのブラウスを…

三月半ばから洋裁教室も休みにし、外出も極力自粛してお篭り生活です。

出かけないとなればする事はお裁縫しかないので、頭の防サビ対策として何枚か服作りもしましたが

ちょっと飽きてきた気配です。

そこで気分転換に久しぶりのブログ更新で気を紛らせる事にします。

ほどいてあった着物で 『ロングテールのブラウス』

 

68fec4ffa84b4aa9a6579b32511af96a

こういう淡いえんじ色(?)というか、紫がかったピンク色というのか

この手の色合いの着物 私たち世代は(どれくらいの世代を指すかはご想像にお任せしますが、、) 案外多くの方がお持ちではないでしょうか⁉️

着物では素敵なんだけど、洋服にリメイクとなると難しいんだな…これが。。

教室のデザインサンプルになればと ダメ元でブラウスにして、仕上がって試着してみたら

(チャラら〜ん!)何という事でしょう、素敵に似合ってしまってる❣️(着画はお見せできませんが)

さっそくブログ用に 写真、写真・・と張り切って写真撮って ハッタ と気がついた。

B220fbee062640349a69ec76b7403e0f

お分かりいただけますかしら?

上衿、表裏逆。裏衿が表になってる。(何だか言い方がややこしい 💦 )

このまま見なかった事にしないのが さすが OHANA !!

台衿部分から外してやり直しましたヨ。

B64fefc61aa542a1829ae7a76660626c

7a534904584947e2a88295156a26affa

違い お分かりいただければやりがいがあるというものです。

 

C9cedf91d2ec4de2b78fd5804a9a513d

 

| | コメント (0)

ご依頼品のコート

今年のご依頼品はコートでスタートしました。

立て続けに二枚。

 

1枚目は泥大島から

『取り外し可能なフード付きコート』

79985f9be14f40668412f8e642b33fad

5d0878f28f9e4c128c33546cc92003be

F3236c72cded42c2b64d4b6abe11f371

 

納品して(ちょっと一息• •)と思うまもなく 次のご依頼

 

0a7380f128a04828bb969337c58305ac

こちらは羽織とアンサンブルの大島紬からのご依頼です。

ほどき済みの着物と裏地にする襦袢用の反物 それと型紙を、ご本人ではなく紹介くださった方からお預かりしました。

イメージするデザイン画も写真もなくて、想像だけで仕上げましたが

これで良かったのかしら❓

不安が残りますが 明日納品します。

 

| | コメント (0)

家紋を使う

着物の身頃分と襟と掛け襟、あと衽が少々残っていた大島紬で 好きな『パンツスカート』を作りました。

身頃の分はスカート本体でほぼ使い切り。

襟などの半巾で脇ポケット分とウエスト布をとると残りはわずかですが、半巾の布が微妙に残り 何とな〜くもったいないです。

このパンツスカートを作る時はいつも「フレンチスリーブのブラウス」をセットで作るので

ついいつもの流れで(残りでブラウス、、)と 思考回路がつながります。

残りと言ったって半幅の布しかないわけですから、こちらも自然の流れで (ブラウスの襟と見返しだな!)となる訳です。

身頃分はほどいてあった黒紋付を使います。

通常は家紋は使いませんが今回は 訳あって使います。

(どんな訳なのよ〜⁉︎) と聞かれましても 胸張って「こういう訳です‼️」と言えないほどの事情です。

セットにするフレンチスリーブのブラウスは着物の袖分で作れるというお得感が嬉しいブラウスです。

当然 黒喪服も袖分で充分間に合いますが、いかんせんバッチリ家紋があります。

家紋を避けて身頃の方で作れば何も悩まず家紋なしで作れるのですが

袖分にピッタリ収まる事を見てしまっては 乙女心は大きく揺れ動くのです。

やむ無し!!家紋使います‼️

88ef700a76f742c6a1891405fa43f39a

身頃を黒、襟だけを大島にすると家紋に負けそうです。

紬の柄ゆきを意識して、胸元はちょっとエスニックにしてみました。

 

Ffe7e32fce92417282e07dc977f92a3a

ボトムとのバランスも良くなりました。

669c98d75405483a9f4f44810582feeb

| | コメント (0)

«W幅で2mの生地、3mの生地