リハーサル

今現在の左手の状況

(握力は限りなくゼロに近い) (タオルはまだ絞れない)

こまかな糸くずがつかめない、、布端がめくれない。。

人間の身体能力って不思議だなーーとつくづく思ったのは

左手首が故障しただけなのに体全体のバランス感覚がおぼつかなくなるということに気が付きました。

左手で糸くずがつかめなければ右手でつまんだらどうだい??

と単純に考えるわけですがなぜか右手でもモタつくのです。

いや、これは怪我のせいではなく老化現象の一端じゃないのぉ~??

と突っ込まれれば反論できない年齢でもあります。

使えない手と痛みで毎日大騒ぎしているなか

あの羽生結弦選手のみごとな復活。

私の今の痛みを重ね合せたら、いくら若いとはいえ絶対かなりの痛みをこらえての演技だったことは想像できます。

彼ばかりではなく様々な苦難をのりこえて頑張るアスリートたちには本当に凄いとしか言いようがありません。

そのガッツの足元にもおよびませんが、私なりに痛みをこらえてちょっとだけ頑張ってみました。

そろそろ依頼品にも取り掛からないといけない時期で少々焦ってもきましたので

まずは リハーサル ということで。

OHANAの人気ワンピース sign02

『 片紐結びのワンピース 』

Photo


昨年作った物と全く同じで、今回の生地はウール混紡のストレッチ地、色はブラックです。

夏場はワンピースとして着ますが、ほかのシーズンではカーディガンと合わせたりジャンパースカートとして。。

私はshoe スニーカーと合わせてカジュアルに着るのが好みですが、オシャレな靴やアクセサリーと組み合わせたらセミフォーマルでも充分いけます。

パターンは7号の原型を使っているのですがAラインで紐結びで調節できるので11号くらいのサイズまでオッケー。

作り方もあまり難しくないので教室の生徒さんにも人気です。

「OHANA一押しのパターン」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チェックをもう一枚

昨年末に日暮里で買ってきたもう一枚のチェック

白黒チェックの綿・麻 地。

Photo


昨年秋ごろからこの手のタップリサイズのワンピースにはまっております。

ワンピース、エプロンドレス、ロング丈のチュニック、、、 

オールシーズン お好きなように着ちゃってください。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

骨折のギプスが昨日めでたく外せました。

「骨が復活するまで3ヶ月、手のひらがつけるようになるのは半年ですよ!!」

だそうで、痛みはそのままで不自由さは変わりありません。

それでも見た目スッキリの手首となれば

なんとなく明るい色合いの服でも着てみようか・・・そんな気分になります。

 

Photo_3


まずはカーディガンあたりから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェックで二枚

歳とともに月日が経つのが早くて、早くて、、

えっ!もうお正月が終り?  えっ!!もう二月??

お~~ヤダ・やだ・・

なんてことを毎年思っていたのですが

今年に限っては (あ~、早く日にちが経たないかしら )って

つくづく日にちの経過を心待ちにしている年はないことですわ。

骨折の治療はただただ時間の経過のみ、ひたすら骨の復活を待つのみ、、でございます。

ギプス (あっ、これ、今までずーっと [ギブス] だと思って生きてきたのですが、どうやら [ギプス] というらしいです、どうでもいいことですが。。)

で、そのギプスで固定している手ではさすがに依頼品を手掛けるのは難しいです。

時間をかけて少しずつゆっくりとすればできないこともなさそうですが、最後の詰めがあまくなりそうで自信がない。

さりとて毎日何もせず のたぁ~り と 新しい年をスタートさせるのはいかがなものでしょう。

「一年の計は元旦にあり!」

一月をどう過ごすかがその一年を左右するわけです。(たぶん)

そこで、年末に日暮里で買ってきた生地を縫いました。

 

その1 : やや厚手のニットで  「ラップコート」

Photo


Img_5394


どれくらいの厚さかというと

これくらい  ⇒ 

風の無い日なら今の時期でも十分暖かい

それくらいの厚さです。

(分かりにくい説明だー)

 

 

 

その2 : 昨年二枚ほど作ったものと同じ 「チェックのワンピース」

Img_5399


日暮里ではもう一枚チェック地を買ってきました。

(年内に依頼品を仕上げて、年が明けたら縫いましょう heart04

心ワクワクさせながら家路についたはずなのに骨折とは

なんてこった!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絵羽織で 「フォーマルスーツ」

Photo_2

絵羽織をお預かりしたのはもう半年以上も前です。

今年3月の姪御さんの結婚式でお召し予定で、さほどお急ぎでもなく、(昨)年内に仕上げましょう、、、と打ち合わせでお話ししたような・・しなかったような・・・記憶もあいまいになるほど間が開いてしまいました。

12月あたまに最終仮縫いをすませ、作業は順調に進んであと一日・二日で完成となり

母の葬儀やらなにやらでバタバタはしたものの年内完成は 楽勝 scissors とふんでいたのですがね、人生何があるか分かったもんじゃない。

土壇場にきてまさかの左手首骨折とは。

「普通なら即手術なんだけど どこももう正月休みでそれは無理ですな。応急処置をして正月明けまで様子を見ましょう。」 と、手首をグイッと引っ張って折れた骨をなんとなく元の形にして(らしい??)固定してくれました。

手術…なんてことになったらスーツの完成はもう絶望的でありますからして、なんとしてもお正月のうちに完成させておかねばなりませぬ!

痛み止めを飲みながら1日一工程ずつ。

今日は裏地を合わせてベルトをつける。

今日はスカートの裾を仕上げる。

 半分まつった (痛いなー)、あと 1/4 (イタタ…)、あと10cm (くぅ~、もう限界sweat01

今日はボタンホール、明日はボタン付け。。。

頑張りました。

Photo_3


骨折は応急処置が完璧で手術は免れました。

めでたい話しで

『 こいつぁ~春から縁起がいいわい 』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何だかんだ・・・の 年の暮れ

母の葬儀で来日していた 海外に住む姉の帰国を送りながら

年末の慌ただしい中、東京へ行ってきました。

「見送り」は ついでの口実で、一番の目的はこちら

Img_5319


新宿京王デパートで年二回開催される 『今昔きもの市』

いつかは行ってみたいと思っていた市が今回 ドンぴしゃりのタイミングでした。

東京へ行くとなればやはり日暮里繊維街も行きたい。

初日は上野駅下車でそのまま日暮里へ直行して買い物。(スムーズに乗り継ぎできたな!)

Img_5354
次は浅草のホテルまでの道順。

スマホの Siri ちゃんに聞くとちゃんと地図を出してくれて目的地にはポイントマークがしるされている。

そのままナビに任せられないのがおばちゃんの性分ですな。

人間味がない!

「あー、ここね。ここをこう行って、地下鉄○線に乗り換えて、どこそこで降りなさい。。」ってな具合に 口頭で教えて欲しい、、と思うのです。

そこで駅員さんにこの地図を見せて「ここへ行くには乗り継ぎはどうしますか?」

と聞くと、駅員さんは地図をチラリとみて にこやかに 「ここと言うのはどこですか?」

そうか!私には赤印という認識がインプットされているが、そうよねー、、地図全体見せられて指さしもせずに (ここ)と言われてもね~。

「花やしきの のところです。」

あ~~、自分でも言ってることが だとすぐ分かる。

そんなこんなの珍道中、三日目は姉を羽田まで送るつもりでしたが新幹線の時間から無理と判明。

結局東京住まいの娘のマンションで二人と別れて一人で帰ることになったのですが、マンションから新幹線の駅まで私が無事たどりつけるか・・と「別行動チーム」の二人が心配するのです。

コタツを囲んで二人が(あれに乗ってこれに乗り継いで…いや、それでは時間が合わない…あーでもない、こーでもない、ギャーギャー・ピーピー。大丈夫だろうか、心配だ ) 

・・・・・あの、私日本人。案内板読める。分からなければ駅員さんに日本語で聞くことができますけど・・・・・

それより海外まで帰るあなたの方が心配よ。羽田まで私の娘とはぐれないように無事行ってよ ***

日本人の私は(いや、姉も日本人だった) ちゃ~んと一人で新幹線の駅までたどりつき

Img_5336

少し待ち時間があったので

⇒ ⇒ 本なんぞを買う余裕もあったしね。

田舎もんのおばちゃんだって

「一人でできるんだ!!!」

各地雪で大荒れのもよう。

新幹線も10分弱遅れで仙台に到着しました。

外は薄っすら積もった雪が圧雪されて凍っています。

足元気をつけながら慎重に、慎重に、、

この信号を渡って200mで我が家だわ・・と思った瞬間、つるつる テカテカの道は容赦しない。期待通り(?)に転びました。

Img_5351


大事なものは利き腕の右に持つ習性があるので、晩御飯用に買った寿司折りと右手は無事でした。

良かった!!

(期日の迫った依頼品は どーすべぇ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«母の ・ ・ ・