教室サンプルとミシン

男物アンサンブル用反物をコートにしたいとの生徒さんのリクエストにお応えして

コートのサンプルを作ってみました。

Photo使った生地は黒のストレッチリネン

Img_5649

参考本では、前肩から細いタックがたたんであり、ボタンも5個 間隔がもっと狭く くっついて並んでいましたが勝手に変更。

Img_5630


Aラインのコートですが後ろに取り外しのできるベルトをつけてスタイリッシュなバック姿にしてみました。

Photo_2


春色コーデはいかが sign02

 

☆ 次はミシン

先月、ミシンが1台仲間入りしました。

Img_5626


(あら!また同じようなミシンですか??)

そう思った ア・ナ・タ・・

チッ、チッ、チッ、、、違うのですよ。

ちょっと優れものミシンです。たぶん。。

今までのミシンは JUKI シュプールの25DX と 30DX の二台

今回の新入生は SL-700DX というやつでございまして

どこが違うかと申しますと  down

Img_5652




ほら、違うでしょ?

そう、糸かけの部分が違う。より複雑(?)に

針板も厚物用針板で、針が落ちる部分の穴が大きい。18番までの針が使え、番手の大きい糸も縫い目がきれいです。

 

Img_5619_2

帆布に革の持ち手のバッグ

作りたいと思い 黒の帆布で本体の部分だけ裁断してもう10年以上もほったらかしにしていて本来の形がどんなだったかも忘れてしまいました。

最近はバッグを作ることもあまりなくなり持ち手やレザーなどの在庫も整理したいところです。

Img_5620


どれくらいきれいな針目か…

ぜんぜんわかりませんね。

今回は♯8のジーンズステッチ用糸を使いました。

厚手の芯地を貼った帆布+3㎜厚のレザー+同じくらい厚の持ち手

この厚さでもしっかりした針目で縫うことができます。

針板を変えれば普通地用の通常ミシンと同じですが、私は革やジーンズなどの厚物専用として調整したまま使う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと!・・・の三月でした

月日は流れて はや 4月。。

仙台は3月末に桜の開花宣言で例年より早い桜の季節到来です。

過ぎてみれば 時間の経つのは早い。

比例して歳をとるのもすごく早い。

歳と反比例してケガの回復はとても遅い!!

手首の痛みはまだ取れませんが、3月に入ってから少しずつではありますが依頼品に取り掛かることができました。

Img_5547


やっとこさ!!の三枚です。

OHANA洋裁教室の平均年齢は 私の歳-3・4歳 (これ内緒の話しあるよ!)

寒い冬場は冬眠とばかりにお休みされる方が多く、3月に入り予約が ドドドっと入りましたので教室の合間仕事はこれが精いっぱいでございました。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

遅ればせながらのご報告

Img_5562_2お隣の たらこカフェさんにお声掛けいただき

毎月一回・第一日曜日に開催される

『たらこ祭りマルシェ』に参加させていただいております。

昨日の4月1日は三回目の参加。

その場で皮をのばして作る 「本場中国の水餃子」さん・「無農薬野菜販売」さん・・など色々な方たちが出展されます。

もちろんたらこ屋さんの「工場直送おいしいタラコ」やカフェ自慢の「たらこコロッケ」や「手作りケーキ」も人気。

Img_5551_2

おいしいものに囲まれて

OHANAの洋服ブース

こじんまりと ではありますが

お立ち寄りくださいました皆様

ありがとうございました。

『たらこ祭りマルシェ』 は来月も、それからも、、毎月第一日曜日開催

まだまだ続きます。

お近くを通りがかりの際は eye のぞいてみて sign03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハーサル・その2

ブログを通して知り合った方、まだ一度もお会いしたことがないのになんだかすごく親しげにお話ししたくなる。。

その方の作品のコートに一目ぼれしてからはぜひ真似っこで作りたいと思っていたわけですが、この度その機会が訪れましたのでチャレンジしてみました。

手首の状態を確認しながら依頼品の着物リメイクにとりかかるべく 着物地でのリハーサルです。

Photo_2


生地はウールの単衣で紗のような透け感がある着物でした。

Photo_3


ブロ友のコートが  ある雑誌に掲載されたので

真似っこのチャンス到来です。

ブロ友のは、藍染や襤褸を使ったコートでしたがあいにく私にはそんな素敵な生地は持ち合わせておりませんので、仕上がりのイメージはかなり違いますね。

しかも、本には作り方パターンも載っておりましたが、手持ちの着物地と相談しながらの作業で 袖や身幅などあちこち行き当たりばったりの変更をしての完成品です。

 

Photo_6


 

Photo_7


この写真見てふと気が付きましたが

「ポケット」 つけ忘れてる。

ポケットはおばさまの必需品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハーサル

今現在の左手の状況

(握力は限りなくゼロに近い) (タオルはまだ絞れない)

こまかな糸くずがつかめない、、布端がめくれない。。

人間の身体能力って不思議だなーーとつくづく思ったのは

左手首が故障しただけなのに体全体のバランス感覚がおぼつかなくなるということに気が付きました。

左手で糸くずがつかめなければ右手でつまんだらどうだい??

と単純に考えるわけですがなぜか右手でもモタつくのです。

いや、これは怪我のせいではなく老化現象の一端じゃないのぉ~??

と突っ込まれれば反論できない年齢でもあります。

使えない手と痛みで毎日大騒ぎしているなか

あの羽生結弦選手のみごとな復活。

私の今の痛みを重ね合せたら、いくら若いとはいえ絶対かなりの痛みをこらえての演技だったことは想像できます。

彼ばかりではなく様々な苦難をのりこえて頑張るアスリートたちには本当に凄いとしか言いようがありません。

そのガッツの足元にもおよびませんが、私なりに痛みをこらえてちょっとだけ頑張ってみました。

そろそろ依頼品にも取り掛からないといけない時期で少々焦ってもきましたので

まずは リハーサル ということで。

OHANAの人気ワンピース sign02

『 片紐結びのワンピース 』

Photo


昨年作った物と全く同じで、今回の生地はウール混紡のストレッチ地、色はブラックです。

夏場はワンピースとして着ますが、ほかのシーズンではカーディガンと合わせたりジャンパースカートとして。。

私はshoe スニーカーと合わせてカジュアルに着るのが好みですが、オシャレな靴やアクセサリーと組み合わせたらセミフォーマルでも充分いけます。

パターンは7号の原型を使っているのですがAラインで紐結びで調節できるので11号くらいのサイズまでオッケー。

作り方もあまり難しくないので教室の生徒さんにも人気です。

「OHANA一押しのパターン」です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チェックをもう一枚

昨年末に日暮里で買ってきたもう一枚のチェック

白黒チェックの綿・麻 地。

Photo


昨年秋ごろからこの手のタップリサイズのワンピースにはまっております。

ワンピース、エプロンドレス、ロング丈のチュニック、、、 

オールシーズン お好きなように着ちゃってください。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

骨折のギプスが昨日めでたく外せました。

「骨が復活するまで3ヶ月、手のひらがつけるようになるのは半年ですよ!!」

だそうで、痛みはそのままで不自由さは変わりありません。

それでも見た目スッキリの手首となれば

なんとなく明るい色合いの服でも着てみようか・・・そんな気分になります。

 

Photo_3


まずはカーディガンあたりから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チェックで二枚